NVIDIAのARM買収発表、ジェンセンファンCEO(NVIDIA)、サイモンシガーズCEO(ARM)コメント

企業分析

ジェンセンファン(NVIDIA CEO)コメント

参加してくれた皆さんに感謝します。NVIDIAがソフトバンクとの交渉を経て、世界で最も偉大なテクノロジー企業の一つであるArm社を買収することに合意したことを発表できることを嬉しく思う。このディールは、NVIDIAにとっても、技術部門にとっても、そしてArmの本拠地である英国にとっても、非常に重要なものだ。皆さんもご存知のように、Armは世界で最も人気のあるコンピューティングプラットフォーム。Arm社はこれまで、そのCPUをベースにした1,800億個のチップを出荷しており、その技術は世界人口の70%の人たちに利用されている。

携帯電話、スマートフォン、PC、ネットワークインフラ、スーパーコンピュータなど、あらゆるものにArmのチップが使われている。また、Nintendo Switchのコンソール用のSOC、自動運転のコンピュータ、新型Mellanox BlueField、SmartNIC、Jetson Roboticsコンピュータなど、我々の製品プラットフォームにもArmの技術が採用されている。世界で最も人気のあるCPUとNVIDIAのAIコンピューティング・プラットフォームを組み合わせることで、AI時代をリードするコンピューティング・カンパニーを創ることができる。

私たちが世界をどのように見ているのか、そしてこの統合がどのようにフィットするのかを説明しておこう。現在、インターネットは何十億人もの人々を巨大なクラウドデータセンターに接続している。将来的には、何兆ものデバイスが何百万ものデータセンターに接続され、今のインターネットの何千倍もの規模の新しいIOT時代が到来する。

スマート小売から製造・サービスロボット、自動運転車からスマートシティまで、この新しいインターネットを支えるソフトウェアは、人間ではなく、データから学習したコンピューターが書くことになる。これが新しいコンピューティング、すなわちAIである。

私たちの組み合わせには、いくつかのエキサイティングな成長の原動力がある。そして、このディールが両事業にとって非常に魅力的で補完的なものである理由は、以下の三つだ。

第一に、Armの広大なエコシステムについて(※図①)。私たちは、NVIDIAのGPUとAI技術を、モバイルやPCを含む大規模なエンドマーケットに提供することができる。

第二に、データセンターでは、NVIDIAはArmのR&Dを加速し、より速いArmのCPUや、ArmのサーバーCPUを求めるクラウドコンピューティングの顧客の要求に応えることができる。NVIDIAのAIは、すべてのARMのCPUをサポートする優れたものになるだろう。

第三に、我々のエッジAIとIoT、また次世代のコンピューティングの成長を加速することができる。この組み合わせは、当社のコンピューティングプラットフォームに関して、開発者のエコシステムを支援することにつながる。

Armは、NVIDIAのデベロッパー(開発者)と協働するため、現状の200万人から1500万人以上に、開発キャパシティを拡大することができる(※図②)。また、このディールは、Armの顧客にNVIDIAのAIやGPU IPへのアクセスを提供し、顧客に多大な利益をもたらすことになる。

私たちは、NVIDIAのAIとコンピューティング・プラットフォームで、Armの広大なソフトウェア・エコシステムを支援する。そして、クラウドデータセンターの顧客、より広範なIT業界に、より強力なServer CPUのロードマップを提供する。

この二社の組み合わせは、財務的にも理にかなっている。ソフトバンクにとっても私たちにとっても大きなディールだ。NVIDIAのNon-GAAPの粗利率とNon-GAAPのEPSにすぐにプラスになると期待している。

また、コンピュータグラフィックス、スマートフォン、その他のデバイスからデータセンター、自動車、エッジ、IoTまでをカバーすることによって、目標としているTAM(Target addressable market)を2倍以上の2500億ドルに拡大することになる。私はArmの才能ある人々と力を合わせて、この未来を一緒に作っていけることに興奮している。(※図③)

図① ARMのCPUのエコシステム(左)・NVIDIAのコンピューティングプラットフォーム(右)

図② ARM社のR&Dキャパシティ拡大

図③ TAM(Target addressable Market)

サイモンシガーズ(Arm CEO)コメント

提案された買収は、Armにとって大きな瞬間だ。そして、ArmとNVIDIAにとっては、過去30年間と同じように、次の30年間でコンピューティングの形を変えていくための新しい章であり、新たな機会となる。コンピューティングにおけるネクストウェーブは、AIが決定的な技術となるところだ。

未来のコンピューティング・プラットフォームは、CPU、GPU、DPU、またはデータ処理ユニットなどの処理要素の配列の上で複雑なソフトウェア・スタックを実行する。そしてそれは、クラウド、エンドポイント、エッジで同時に、アプリケーションとネットワーク超えて実行される。この広大な未来を実現するために克服しなければならないハードウェアとソフトウェアの課題は、ArmとNVIDIAの技術力を結集することで、これらの課題に独自に対処し、我々のイノベーターの手にソリューションを提供することができると信じている。

NVIDIAの一員として、Armはオープンなライセンスモデルを継続していくが、ライセンス契約下で、今日までに1,800億個のチップが出荷されている。私たちの成功の基礎となっているグローバルな顧客の中立性を維持ていく。統合された企業として、私たちが一緒にできることは、まだまだたくさんあるだろう。

NVIDIAはケンブリッジにAI研究に特化したArmベースのスーパーコンピュータを含む新しいグローバルセンターを開設し、英国と世界の研究者を開放することを約束している。これは英国への大きな投資であり、世界の優秀な人材を引きつけ、ヘルスケア、ロボット工学、オートメーションなどの産業におけるAI技術を前進させることになるだろう。

両社の強みが融合することで、パートナー企業にとってさらに優れたソリューションが生まれると信じており、その可能性に非常に期待している。私は、NVIDIAの一員として、Armにはエキサイティングな未来が待っていると信じている。

これはArmにとってエキサイティングな新しい局面であり、次の章を一緒に書いていくことを楽しみにしている。

買収の取引条件

ソフトバンクから、400億ドルの現金と株式で買収する。この買収は、様々な地域での規制当局の承認を条件に、約18ヶ月以内に完了すると予想している。この取引は、エヌビディア、ソフトバンク、アームズの取締役会によって承認されている。この取引は財務的にも説得力のある取引であると考えている。

Arm’sは、非常に高い利益率の優れたビジネスモデルを持っている。3月に終了した12ヶ月間の売上は収益は18億ドルで、粗利益率は94%、調整済みプロフォーマEBITDAマージンは約35%だった。

取引構造
NVIDIAは、ソフトバンクとビジョンファンドに対して、普通株式215億ドル分と現金120億ドルの合計額を対価として支払う。さらに、NVIDIAは、Armの業績目標に基づいて、最大50億ドルの現金または株式での支払いを支払う予定。また、ARM社の社員に対して、株式15億ドル分が付与される。
これらの合計で400億ドル(約4.2兆円)

この結果、ソフトバンクとソフトバンク・ビジョン・ファンドは、NVIDIAの株式を合計で10%未満保有することになると予想されている。なお、NVIDIAは、この取引の現金部分については、貸借対照表上の現金で調達予定。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

<人気記事>

【20/6月期】 ファストリー($FSLY)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
ジムクレーマーが厳選する17の優良SaaS銘柄
【20/6月期】 プラグパワー($PLUG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】 データドッグ($DDOG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】 ズームインフォ($ZI)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました