【20/6月期】 ペロトン($PTON)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Peloton ($PTON)の事業内容

Pelotonは、300万人以上の会員を擁する世界最大のインタラクティブ・フィットネス・プラットフォーム。家庭で使用できるエアロバイク(Peloton Bike、Peloton Bike+)、トレッドミル(Peloton Tread、Peloton Tread+)などを生産販売しています。売り切り販売するだけでなく、月定額制サービスも提供しています。

コロナの影響で多くの人が在宅となったため、需要が急増し大きな追い風を受け、積極的にビジネスを拡大してきました。

Pelotonアプリを通じて、製品に搭載されている大型のモニターだけでなく、iOSまたはAndroidデバイス、Apple TV、Fire TV、Roku TV、ChromecastおよびAndroid TVで、あらゆる分野のフィットネスクラスにアクセスできるようです。

会社は2012年に設立され、ニューヨークに本社を置くPelotonは、米国、英国、カナダ、ドイツで小売店を展開しています。

Peloton ($PTON)の決算内容

売上、粗利率

年間売上推移

四半期別 サブスク数推移、売上推移、ワークアウト推移、平均ワークアウト数推移

アナリストDayの資料

ムービー、ビデオゲーム、音楽、本と同様に、ペロトンはフィットネス界の破壊者になる。

新製品のPELOTON BIKE+

アーティストDayの資料

有名アーティストシリーズのフィットネスクラスが好評だった。

アップデートされたTAM(数量ベース)

現状は7%の浸透率、今後7500万台の市場規模に対してシェアを獲得していく。

John Foley CEO コメント

3月にCOVID-19パンデミックが流行した際に経験した強い追い風は、Q4と2021年度Q1の最初の数ヶ月間、当社製品への需要を後押しし続けている。当社のバイクに対する既存顧客からの需要は引き続き堅調で、天候が改善し、フィットネス施設が徐々に再開されているにもかかわらず、会員のエンゲージメントは高い水準を維持している。

Q4の総売上高は6.07億ドルで、前年同期比172%増となり、すべての地域で予想を上回わった。この業績は、Q3からの大幅な数のバックオーダーに対して、バイクの迅速な出荷、および第4四半期を通しての旺盛な需要の持続により牽引された。Q4末には一部の市場でトレッドの販売と配送を再開したが、Tread+による当四半期の売上への影響はほとんど無かった。Q4の粗利率は47.6%となり、前年同期から改善した。

Q4には、初めて純利益が8,910万ドル(1株当たり0.27ドル)の黒字となったことを嬉しく思う。収益性をいかに早く達成したかを誇りに思っているが、優先事項は変わっていない。

このような売上高の増加傾向が予想外に続く中、当社のチームは製造拠点の拡大と、可能な限り製品を迅速に出荷するとともに、配送や会員サポートチームの規模を拡大してきた。しかし、5月以降、バイクの在庫待ち時間は短縮されたが、まだまだ課題は山積している。

このような状況の中、当社はコンテンツ・コネクテッド・フィットネス製品ポートフォリオの革新に努めてきたが、BikeとTreadの両方でより良い製品戦略を提供するという当社の約束を実現するために、ハードウェアポートフォリオの大幅な拡大をご紹介できることを誇りに思う。

◆Peloton Bike+
コネクティッドフィットネスのカテゴリーの新製品で、新しい360度回転ディスプレイ、強化されたサウンド、デジタル抵抗コントロールを搭載し、よりシームレスで没入感のあるワークアウト体験を提供している。メンバーの声に耳を傾け、オリジナルのバイクの特徴はそのままに、メンバーに喜んでいただける機能を追加した。360度回転するディスプレイは、画面まで簡単にピボットして、筋力アップ、ヨガ、ストレッチなどのエクササイズをしたり、新しいバイクブートキャンプクラスに参加したりすることができる。

Bike+の発表に伴い、オリジナルバイクを350ドル値下げした。過去5年間で生産と規模の効率化を実現してきたので、このようなコスト削減を会員の皆様にお届けできることを嬉しく思う。本日現在、103のショールームのほぼ全てで、新しいBike+を実際に見て試乗できる予約受付を開始している。Bike+はアメリカ、カナダ、イギリス、ドイツで購入可能だ。

◆Peloton Tread
火曜日には、新しい低価格のPeloton Treadの発売を発表した。新しいTreadは、ペロトン・フィットネスのエコシステムの魅力を、ランニングやブートキャンプのクラスから、インタラクティブなソフトウェアやコミュニティまで、すべての要素をより手頃な価格で提供している。Peloton Treadは、サイズが小さくなったにもかかわらず、十分なランニング面積を持ち、洗練されたベルトドライブで快適なランニングを実現した。

Peloton Treadは、12月26日に英国で発売され、米国とカナダでは来年早々に、ドイツでは2021年後半に発売される予定だ。当社の戦略の中心は、コネクテッド・フィットネス製品のポートフォリオの拡大、革新的なソフトウェア機能を追加した新しいフィットネス分野への投資、会員体験全体の向上の継続など、プラットフォームの価値提案を高めることにある。会員のエンゲージメント率が上昇し続ける中、会員のワークアウト1回あたりのコストを削減している。

この四半期に大きなマイルストーンを通過し、コネクティッドフィットネスの会員数は113%増の100万人を超えた。6月30日現在、世界の会員数は310万人で、その中には109万人のコネクティッドフィットネス会員と31.7万人のデジタル会員が含まれている。ペロトン・デジタルについては、今年初めに12.99ドルの90日間無料体験を低価格で提供したことで、コンバージョン率やアップグレード率が向上し、Apple、Roku、Fire TV、Android TVでのサイクリング以外のクラスやアクセスポイントのライブラリが充実したことで、価値提案が向上している。本日現在、当社のデジタル加入者数は約 50 万人に達している。

私が最も気に入っているKPIは、コネクティッド・フィットネス会員のワークアウト数。Q4のワークアウトは7,680万件に達し、前年同期比333%増となった。これは、コネクティッド フィットネス サブスクリプション1件あたりの月平均ワークアウト数が約25件であることに相当する。当社の信じられないほど高いエンゲージメント・レベルにより、コネクティッド・フィットネスの月平均解約率は、Q4では0.52%、通年では0.62%と、引き続き低い水準で推移している。

主な質疑応答

アナリスト
「5月に戻って、あなたは生産能力を2倍にすることについて話していたが、それ以降、需要が非常に高いレベルに留まっているため、生産能力を増やすためにどのようなことができたのか、また、どのように管理し、今見ている驚異的な需要を満たすためにどのように想定しているのかを教えて欲しい。」

CEO
「ご指摘の通り 生産キャパシティを2倍にすると言っていたが、チームメンバーのおかげで、それが実現できた。将来を見据えて、私たちは自社施設の拡大と投資の両方を行っている。私たちはトニックを買収し、既存の工場の拡張と、12月に稼働する新工場とシンジの建設の両方に投資している。また、サードパーティのパートナーと協力してバイクとトレッドの生産を拡大してきた。製品をタイムリーにお届けできるということで、非常に安心している。ホリデーシーズンの需要を 満たす能力についても自信を持っている。

アナリスト
「コネクテッド・フィットネス・セグメントの粗利率は47%だったが、生産面でどのように効率化を図っているか教えて欲しい。」

CEO
「ペロトンのオリジナルバイクの実績を見てみると、5~6年前の粗利益率を見てみると、5~6年前には1ドルかかっていたものが、今では0.30~0.40ドルになっている。ペロトンのビジネスの醍醐味は、商品数が非常に少ないビジネスであるということ。100万台、200万台、300万台と増やしていけば、さらに効率性を高めていくことができるだろう。しかし、これらの効率性の多くをお客様に還元することで、トップラインを成長させ続けることができるという考えを常に持っている」

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

<人気記事>

【20/6月期】 ファストリー($FSLY)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
ジムクレーマーが厳選する17の優良SaaS銘柄
【20/6月期】 プラグパワー($PLUG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】 データドッグ($DDOG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】 ズームインフォ($ZI)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました