ペイパル($PYPL)@テクノロジーカンファレンスbyドイツ銀行

企業分析

John Rainey – Paypal CFO vs Bryan Keane – Deutsche Bank

Qestion1
「他のE-com決算のプレーヤーを見てみると、6月と7月に減速していた。しかし、PayPalの場合は、6月に成長が加速し、7月も同様に好調で、私たちを含め一部のアナリストを驚かせた。加速(PYPL)と減速(他社)の原因となったモデルの違いは何なのだろうか?」

Answer
「私が思うに、私たちはおそらく、E-Commerceは、特に私たちのビジネスにとっての転換点にいるのではないかと思う。私たちが見てきたことのいくつかは、消費者行動の根本的な変化だ。人々はもう現金を持ち歩きたくないと思っている。最初は景気刺激策として説明されていたものが、消費者行動の中でより深く、持続的な変化になってきていると考えている。理由の一つは、在宅やソーシャルディスタンスを保つための措置が緩和された地域でも、E-Commerceの活動レベルがはるかに高くなっているからだ。

私たちにとっては、他社とは異なるトレンドを正当化するためのデータがいくつかある。1つは、当社のプラットフォームの新規ユーザー数で、成長率が最も高いのは、当社がシルバーテックと呼んでいる層多くの場合、50歳以上の人たちがeコマースを利用したり、PayPalを利用したりしているが、オンラインで食料品を購入するようなケースもある。先週、KrogerのCEOが、消費者の行動に根本的な変化が起きていると話していたが、これは今後も続くだろう。私たちの関連性が今以上に高まったことは無い。

それに次ぐものとして、「技術的困難さ」が挙げられる。その規模の大きさと、それに対応するネットワーク効果があると思う。当社はデジタル決済の最大手の1つであり、特に加盟店への浸透度を見てみると、その規模の大きさが分かる。現在、当社のプラットフォーム上で決済手段としてPayPalを提供している加盟店は2,600万社にのぼる。これにより、顧客がオンラインでチェックアウトするほとんどの場所で、PayPalを使って支払いができるようになった。このように、私は、これらの項目のいくつかは、おそらく私たちの業界の他社と比較して相対的なトレンドのいくつかに影響を与えているのではないかと思っている。」

Question2
「新規追加の顧客数の話があったが、四半期で1,000万件、第2四半期では2,000万件にもなったと思う。私たちが見ているところでは、消費者側と販売者側の採用が加速しているが、どの程度の持続性があるのだろうか?」

Answer
「非常に満足している。実際、私が最も満足しているのは新規資産の増加だ。今年の純新規資産は7,000万ドルになると予想している。これは、当社のプラットフォームの重要性と関連性を強調している。

また、人々の移動が制限された環境で何かを購入する能力が不足している場合、E-Commerceのトレンドが高まっていることには誰もが同意すると思う。そして確かに、それに継続性があるのは新しい顧客だと思う。しかし、どの程度の持続可能性があるのかを予測するのは、やや難しい判断だ。まだ6~7ヶ月しか経っていないので。

しかし、私たちは、PayPalがこれまで以上に関連性が高いことを知っている。これまで以上に多くのユースケースを提供している。また、Pay in 4のような製品提供においても、より良い体験を提供していて、それによって解約率が低下している。

当社の規模と規模を考えると、毎年、かなりの数の顧客が解約している。そのため、この数ヶ月の間、私たちが重視してきたのは、消費者の体験を促進して解約を減らす行動に影響を与えることだった。Pay in 4やデジタルウォレットで提供される他の多くのサービスの拡大に伴い、その結果に影響を与える絶好の機会を得ていると考えている。そして、私たちが見ているトレンドのいくつかについては、非常に成功していると言える。」

Question3
「Paypalの成長率はどのようなもので、何がPayPalブランドの増加を後押ししているのだろうか?

Answer
「これは確かに、過去の成長率よりも高くなっている。PayPalブランドの体験は、当社の他の事業の成長に比例して成長している。Venmo P2PやBraintreeなど、事業の成長が早い部分では、PayPalブランドの成長を上回っている。しかし、独立した企業として5年間を通して、順調な成長を続けているし、これは歴史的に見てきたものの中ではかなりの増加だ。」

Qestion4
「第2四半期にはチケットイベントが60%減少した、これは底値から少し改善していると思っている。今後の見通しについて教えて欲しい。ワクチンが出るまでは、おそらくまだマイナスの状態が続くと思うが、徐々に改善していくのでしょうか?」

Answer
「これは明らかに当社のビジネスの中でも最も苦しんでいる部分だと思う。前回のコールでも申し上げたが、これは当社全体の約10%を占めている。そして、4月の初めにピークを迎えたのは、誰もが自宅に閉じこもり、すべての旅行を止めてしまった時期だった。その後、いくつかの回復が見られた。Airbnbのようなバーティカルについては、人々は、2~3時間かけてどこかに泊まるような地域限定のドライブをするようになっている。また、Uberも初期の頃から回復してきていると思う。引き続きプレッシャーを感じているのは、ライブイベントとチケッティング。先週末に行われた全米オープンやサッカーの試合を見ていると、スタンドの空席が良くわかるでしょう。そして、それが戻ってくるまでにはしばらく時間がかかると思っている。例えば、誰かがコンサートを主催してチケットを販売する場合、それにはある程度の計画が必要だし、誰かが海外に休暇を取る場合、数日で気まぐれに計画を立てて週末に飛行機で出かけるようなことではない。そのために計画を立てなければならない期間があるので。そのため、この事業は回復に最も時間がかかる事業だと思う。それはいつ頃になると思か?私たちが今経験しているパンデミックの救済策と密接に結びついていると思う。」

Question5
「この四半期で驚いたことの1つは、7月の最初の3週間で、収益化の観点で、Venmoが前年同期比で60%増加したこと。7月のVenmoのアウトパフォーマンスの原動力は何だったのでしょう?」

Answer
「これは本当に素晴らしいことだ。Venmoが提供するソーシャル・エンゲージメント・チャネルでは、そのような体験の多くが実際に行われていることを誰もが理解していまる。レストランやコンサート、球技場でタップを割ってお金を交換する人がいるが、この期間にそれらが減少したため、私たちは当初、実際にVenmoのボリュームが減少した。しかし、人々の新しいユースケースのおかげで、再び50%以上の伸びを見せている先ほどシルバーテックについて述べたように、多くの場合、年配の方々初めてVenmoを利用したため、新しい人口層や急速に成長している人口層が存在している。この時期のVenmoの関連性を見るのは非常に刺激的だった。」

Question6
「Q3の決算説明会では、2021年のガイダンスについて提供する計画はあるか?」

Answer
「第3四半期のカンファレンスコールで情報を提供することは、年次計画のプロセスが完全に終了したわけではないので、まだ少し時期尚早ではあるが、非常に重要なことだと考えている。また、透明性のあるデータを提供することと、信頼性も兼ね備える必要があると考えている。金融業界で約20年半を過ごしてきたが、9.11の後の数週間の航空事業を除けば、これほど予測が困難な時期や複雑な時期は無かった。第3四半期のガイダンスでは、2021年の見通しについても同様の見解を示したいと考えている。しかし、私は非常に重要なこととして、信頼性が必要だと考えているので、私たちはその情報を提供するために最善を尽くす所存だ。

私たちは基本的に、世界的なパンデミックに突入した時よりも良い状況にあると信じているし、今後もより良い状況であり続けると思う。E-Commerceに根本的な変化が起きていることに疑いの余地は無く、2年、3年、5年と予測されていること。私たちはその恩恵を受け、そのために投資をしている。そして、私たちは強みを持って運営していきたい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

<人気記事>

【20/6月期】 ファストリー($FSLY)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
ジムクレーマーが厳選する17の優良SaaS銘柄
【20/6月期】 プラグパワー($PLUG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】 データドッグ($DDOG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】 ズームインフォ($ZI)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました