ビヨンドミート($BYND) : 2020年9、10月のニュースまとめ

企業分析

$BYND 9、10月の株価の推移

$BYNDの勢いが止まりません。前回の決算発表までに、多くのサプライチェーン、販路拡大のニュースがありましたが、9月から10月にかけて畳みかけるように多くのGood Newsがありました。新製品の発売、中国工場の建設、投資会社のアップグレード、販路拡大などがあり、株価は右肩上がりで、次回の決算発表が非常に楽しみな展開となっています。

以下、

株価に影響のあったニュースをダイジェストで紹介します。

9/8 ビヨンドミートが中国で生産工場を建設中

上海近郊に生産施設を建設中であり、これにより、中国に大規模な工場を設立する初の外資系の植物肉メーカーとなることを発表。プロジェクトの作業は始まっていて、数ヶ月以内に試験生産を開始し、2021年初頭に本格的な生産を開始する予定であると同社はコメントした。工場では、牛肉、豚肉、鶏肉などの植物性肉製品を製造する。

イーサン・ブラウンCEO「中国は動物性食肉製品にとって世界最大の市場の一つであり、植物性食肉にとっても潜在的な市場である」

9/14 ビヨンドミートボール(新製品発表)


新製品のビヨンドミートボールを発表した。完全に味付けされていて、あらかじめロール状になっていて、お好みのソースで煮込むことができるビヨンドミートボールは、満足感のある便利な植物性の食事になる。

美味しくて調理が簡単な栄養価の高いメニューを求める消費者が増えている中、ビヨンド・ミートボールは、イタリア産のスパイスをブレンドした便利な味付けがされており、あらかじめロール状になっているため、すぐに調理することができるのが特徴。栄養価の高い植物性のミートボールは、遺伝子組み換え作物、大豆、グルテン、合成成分を一切使用していないシンプルな植物性の材料で作られており、飽和脂肪とナトリウムを30%削減している。

ビヨンドミートボールは、10月上旬までにWhole Foods Market, Stop & Shop, Sprouts, Harris Teeter, Kroger, Albertsonsなどを含む全国の食料品店で発売される予定。ビヨンド・ミートボールは、12個入りで希望小売価格6.99ドル。

Beyond Breakfast Sausage®とCookout Classic™の発売に続き、Beyond Meatballsは2020年に導入される3つ目の小売新製品となった。

イーサンブラウンCEO「”遺伝子組み換え作物や合成成分を使用していない、おいしくて栄養価の高い植物性食肉の選択肢を求める消費者の需要の高まりに応えるため、ビヨンドミートボールを導入することにワクワクしている。」

9/18 JPMorganがダウングレード

JPMorganがBeyond Meatの株価を中立からアンダーウェイトに格下げし、目標株価122ドルは据え置きとした。Beyond Meatの株価は2020年の安値から200%近く上昇しており、この上昇はBeyond Meatのような “優良企業 “であっても “それを超えている “とコメント。

一方、BeyondはImpossible Foodsのようなライバル企業との競争激化に直面しているとアナリストは指摘している。実際、Impossible Foodsは2億ドルのシリーズG資金調達を終えたばかりで、研究開発の拡大、製造の拡大、米国内外での小売の強化を目指している。

一方、ゴールドマンは、レストランが植物を使った料理を提供することを躊躇しているとコメント。4.7%下げて148.87ドルで取引された。

9/29 Walmartの販売店舗拡大

ビヨンド・ミート社は火曜日、同社のハンバーガーパテが来週からウォルマート社の2400以上の店舗で販売されることを発表した。

完全に調理された植物ベースの代替品の需要は8月22日までの4週間で25%に跳ね上がったと ニールセンからのデータが示した。消費者はますます健康を意識し、環境への影響を懸念している。

同社によると、ビヨンドバーガーのパテがウォルマートの800店舗から2,400店舗以上に広がったことは、この夏、従来の挽き肉の価格がCOVID-19に関連した牛肉工場のサプライチェーンの混乱のために急上昇していた後のこととのこと。

また、ダンキンドーナツやKFCなどのレストランからその世界的な売上高の約半分を得ていた同社は、レストランがコロナウイルスによる制限のために閉鎖されたままであるため、売上高を維持するために小売店に製品をシフトしようとしている。

10/2 UKの大手スーパー(Sainsbury)、ハンバーガーチェーン(Gourmet Burger)と契約

ビヨンド・ミート は、英国で大手スーパーマーケット運営会社およびレストランチェーンと新たな契約を締結した。

同社は木曜日、同社のビヨンドバーガーが英国の人気老舗食料品チェーンであるセインズベリーが運営する372店舗の棚に登場したことを発表した。また、Beyond Burgerは、Gourmet Burger Kitchenの41店舗にも供給される予定。

セインズベリーとグルメ・バーガー・キッチンとの取引により、ビヨンド・ミートが確保したスーパーマーケットやレストランへの供給契約は既にかなりの数に達している。

10/6 Piper Sandlerがアップグレード

パイパーサンドラーが目標株価を178ドルに引き上げた、株価+5%増。

10/9 新製品Beyond Breakfast Sausage Linksを発表。

今年4つ目の主力商品である「Beyond Breakfast Sausage Links」を発売した。朝食の定番となっているポークソーセージの代替品として設計されたこのエンドウ豆とジャガイモのプロテイン製品は、木曜日の同社の発表によると、「ポークベースのリンクと同じ味と食感を提供する」ように計算されたレシピを特徴としている。

5.99ドルの希望小売価格で10月までにKroger、Albertsons、Sprouts、Harris Teeter、Wegmansとホールフーズマーケットの店舗で販売される。

195.22ドルに3.1%上昇。

前回決算発表の記事

【20/6月期】 ビヨンドミート($BYND)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

6月、7月のニュースまとめ

ビヨンドミート($BYND) : 2020年7月のニュースまとめ

ビヨンドミート($BYND) : 株価に影響した2020年6月のニュースまとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました