【20/9月期】 テスラ($TSLA)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Tesla($TSLA)の決算内容

テスラ決算

Teslaの決算、EPS、売上ともに予想を上回る好決算を発表しました。

Q3’20 EPS $0.76 予想+$0.19
売上 $8.77B (+39.2% Y/Y) 予想+$410M
時間外株価+4.5%上昇

イーロンマスクCEOが決算発表において語ったコメントや、アナリストとの質疑応答を中心に、以下ブログ記事にまとめていますので、ご参考にしてください。

決算サマリー

 2020年9月期2019年9月期
売上$8,771M$6,303M
営業利益$809M$261M
営業利益率9.2%4.1%
純利益$331M$143M

営業利益、営業利益率推移

EPS(一株当たり利益)推移

最新バランスシート

主な経営指標

フリーキャッシュフローは過去最高の14億ドル。営業キャッシュフローは24億ドルと大きく伸ばしています。5期連続の黒字化、納車台数の伸びも素晴らしいです。

生産、納車台数

生産、納車台数ともにQoQ,YoYにおいて飛躍的な成長を見せています。テスラの決算でもっとも重要な経営指標です。

建設中のGIGA FACTORY(ベルリン、テキサス)

イーロンマスクCEO コメント

Q3は過去最高の四半期だった。 記録的な生産と納車台数、売上、記録的な純利益をGAAPとNon GAAPの両方で達成し、フリーキャッシュフローの14億ドルを達成した。

これは、テスラチームの素晴らしい業務遂行によるものだ。このような素晴らしいグループと一緒に仕事ができることを誇りに思っている。世界中で、本当にすばらしいパフォーマンスを発揮している。

■バッテリーデイ
私たちはバッテリー・デイを開催した。私たちは、将来的にどのようにしてコア・バッテリー技術、コア・セル技術において、製造技術レベルでの最も重要な改善を行うことができるかについて計画を発表した。私が過去から言っているように、Teslaの長期的な競争力はManufacturing(製造)にあると思っている。

チームがバッテリーについて長い間取り組んできたことを発表した。私たちは一歩下がって、電池をゼロから考え直したいと思っていた。基本的な物理学の観点から見て、市場の他の製品と比較するのではなく、技術の限界は何かについて常に追求を重ねてきた。そして、私たちはそれに対してかなり良いアプローチをしてきたと思う。

私たちは、電池の設計と製造の重要な部分のすべてについて解決策を検討してきた。私たちはそれを繰り返し、コアセルとバッテリー技術を飛躍的に改善していく。その結果、数年後には、コストが半分になり、必要な資本支出が現在の3分の1以下になるバッテリーが実現すると考えている。そして、ギガ・ベルリンでは、私たちの最初の電池セルの大規模生産ラインを見ることができると期待している。

■自動運転のベータ版リリースについて。
自動運転チームは、本当にオールスターのようなチームだ。私はオートパイロットチームと多くの時間を過ごした。そのチームには本当に才能のある人たちがたくさんいて、ベータリリースのために一生懸命働いてくれた。

彼らのハードワークには本当に感謝している。昨日の夜にベータ版を公開して、様子を見ながら、今週末か来週の初めにはもっと多くの人に公開したいと思っている。徐々にステップアップしていき、できれば今年末までには広くリリースできるようにしたい。もちろん、システムがより多くのデータを収集すればするほど、より強固なものになっていくだろう。100万台以上の車が、特にシミュレーションでは思いつかないようなレアケースについてのフィードバックを提供してくれている。

また、これには高精細な地図や携帯電話の接続は必要ない。このシステムは、接続が全くなくても、行ったことのない場所にいても、テスラがない場所にいても、人間と同じように車が運転できるように設計されている。それが私たちが開発しているシステムだ。

■ギガファクトリーについて
3つの主要な工場の建設が進んでいる。上海の大幅な拡張を続けているが、これは信じられないほど順調に進んでいる。テスラ中国のチームは信じられないほど優秀。超頭が良くて、一生懸命働く。テスラ中国チームの進歩にはいつも驚かされる。そして、ベルリンとテキサス、そしてオースティンでもギガを建設中で、そこでも順調に進んでいる。

ベルリンとオースティンについては、来年にはこれらの工場からの納車が始まると予想している。製造業をあまり経験したことがない人は、工場を持ってしまえば、電源を入れればすぐに稼働すると思ってしまうことがある。しかし、一般的には生産能力に達するまでに約12ヶ月から18ヶ月かかる。これは特に新技術の場合では、非常に早い水準。現実的には、12ヶ月から24ヶ月と言ってもいいだろう。

■最後に
ベストな会社とは、素晴らしい製品を手頃な価格で作っている会社のことだと思っている。それが私たちの目標。テスラの将来について、今日ほど楽観的な気持ちになったことは無い。また、これまで支えてくださった投資家の皆様にも感謝している。これからも良いことがたくさんあると思う

CFO コメント

当期純利益では、第5四半期連続で過去最高の売上を達成し、営業利益率は2桁台となった。

排ガス規制のクレジット売上が増加し、前年同期比で2倍以上の伸び($397M)を示している。

(筆者補足:アメリカでは、特定の州において、自動車メーカーはある一定の比率の販売を地球温暖化ガスを排出しない電気自動車にすることを義務づけられている。達成できないメーカーは罰金を払うか、達成しているメーカーからクレジットを購入しなければならない、テスラは電気自動車比率100%のため、トヨタなどに対してクレジットを販売している。→売上がそのまま利益に

自動車の粗利益率については、排ガス規制のクレジット売上を含め、18.7%から23.7%へと大幅に上昇した。

エネルギー貯蔵とソーラーの分野では引き続き力強い成長が見込まれる。メガパックは同事業の大きな成長セグメントになると思われ、製品がフルキャパシティに達すると、展開は急速に拡大していくだろう。2021年までは供給を上回る需要があるため、増産対応を検討している。

2020年の当初の目標である50万台の納車を達成することを目指している。この目標は依然として真の課題だが、全社的にタイトに実行すれば可能だと信じている重要です。

主な質疑応答

アナリスト「ソーラールーフの設置が大幅に急上昇するために、解決すべき残りの制約は何か?」

CFO「ソーラールーフの立ち上げで今の最大の制約は、十分なインストーラーを乗せることと、訓練を受けた経験豊富なインストーラーを確保すること。Q3にはこれについて多くの進展があり、採用を継続している。次に、現場での材料の流れを改善すること。屋根の上のすべての施工業者が必要な部品をすぐに入手できるように、適切な梱包やキッティングを設定している。」

イーロンマスクCEO
私が思うに、その商品の考え方はこうだ。世界はどうなっていてほしいか、10年後の未来、10年後に家の周りを見渡した時、あなたは何を望んでいるか?どんな商品があなたの生活を豊かにしてくれるだろうか?どんな未来を望んでいるか?そして、普通の屋根よりも丈夫で弾力性があり、あらゆる面で優れていて、エネルギーが生きている美しい屋根がエネルギーを生み出している未来、それが私たちの望む未来だと思う。ソーラールーフはキラー製品だ。

アナリスト「長期的な販売台数目標を達成するために価格の引き下げが必要で、自動車事業の2桁台の低マージン目標の達成ができない場合でも、それに応じて価格を引き下げるのか?」

イーロンマスクCEO
「私たちは車をもっと手ごろな価格にしたいと思っているが、手ごろな価格とお金に見合う価値を分けることは本当に重要だ。車が高すぎたり、どんな製品でも高すぎたりすれば、どんな価値提案をしても買うことはできない。だから、価格を下げることが重要。私たちの製品に対する欲求が不足しているとは思わないが、手ごろな価格感は不足していると思う。

だからこそ、人々の手の届かないところにはないように、製品の手頃な価格を改善しなければならない。時間をかけてより多くの人に手が届くようにしたいと思っているが、生産コストも同時に改善していきたい。」

アナリスト「バッテリーデイを振り返ると、目標を達成すれば、2030年までに2,000万台の車に 近づくように見えた。中期的な目標をもう少し教えてもらえないだろうか?2025年までにどこにいるのか?」

イーロンマスクCEO
「2,000万台に達するとは断言しないが しかし、それは良い目標のように思える。なぜなら、それは年間で世界の車両の1%を置き換えることになるからだ。

世界のガソリン車の1%を交換しなければ、本当に世界を変えているとは言えない。つまり、年間に少なくとも1%の車両を交換しない限り、そのような議論ができるないと思っている。将来的にはもう少し大きくなるだろう。2,000万台の車を目標にして、S字カーブを描いてみよう。」

アナリスト「今日はサイバートラックのことを あまり話していないが、その製品の準備状況を教えて欲しい。製品の発売はいつ頃になるのだろうか?どのくらいのスピードで販売を開始する予定だろうか?」

イーロンマスクCEO
「一般的にテスラでは、発表された車よりも納車された車の方が優れているということを目指している。それがサイバートラックの目標。発表されたものと比較して、小さな改良点がたくさんある。私たちが見せたものよりも良くなると思っている。これは非常にカッコよい。 オースティンで作られる予定なので、工場が完成するかどうかにかかっている。高硬度の装甲外骨格には 明らかに新技術が搭載されている。前例のない技術だから 苦労することもあるだろう。 そして、明らかに、非常に高い硬度を持ち、傷がつきにくく、へこみにくいものは、成形するのも難しいんだ。製造上の課題がある、だから見た目がきれいなんだ。 予測は難しいが、順調にいけば、来年末にはサイバートラックの納入ができるだろう。

総括、まとめ

テスラ、EPS,売上共に予測を上回る非常に良い決算で、決算後の時間外取引で株価は4.5%上昇しました。

また通期の納車台数の目標である50万台についても、達成に向け全力で取り組む姿勢を示しました。今期は13.9万台から、来期は18万台以上納入する必要があり、かなり高い目標設定を持っていますね。

モデルYの上海ギガファクトリーでの生産能力と、デリバリーの効率性、これがキーとなってくると思います。中国はパンデミックの影響から回復し、NIOのアナウンスを見ても自動車販売が好調です。9月は13%増、6か月連続の販売増を記録しているようです。

オースティンとベルリンの工場建設の進捗も要注意です。イーロンマスクも言っていますが、新工場を稼働させることは非常に難しいことなので、サイバートラックやバッテリーの生産にとって最重要の課題です。

最後に、50万台のガイダンスについてテスラの進捗アップデートに注目しましょう。バッテリーデイから、今回の決算でも予想を上回り、将来の期待を感じさせてくれます。無事決算を通過したテスラ、今後の株価上昇に期待しましょう!!!(ノンホルダー)

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

<人気記事>

【20/6月期】 ファストリー($FSLY)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
ジムクレーマーが厳選する17の優良SaaS銘柄
【20/6月期】 プラグパワー($PLUG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】 データドッグ($DDOG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ
【20/6月期】ロケットカンパニーズ ($RKT)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました