【20/9月期】 イーハン($EH) 株価急騰中、UAM(Urban Air Mobility)の先駆者として期待大

企業分析

Ehang($EH)の会社概要

EHang Holdings Ltd.は、自律型航空機(AAV:autonomous aerial vehicle)技術プラットフォームを提供する企業です。安全で自律的、環境に優しいエアモビリティを誰もが利用できるようにすることに焦点を当てています。特に有人型のドローンが特徴で、EAM(Urban Air Mobility)市場における商業化の先駆者として、今後急成長するであろう市場でのシェア拡大を狙っています。

ドローン市場では、空撮を目的としたモノが一般的ですが、この会社は、①乗用型、②消防型、③物流型とさらに時代の先を見据えたソリューションを提供すべく活動している点が他社と異なる点です。

以下、先日の決算におけるCEOやCSOのコメントを中心に、どのような魅力があるのかを紹介していきたいと思います。

決算サマリー

有人ドローン 納車台数の推移

QoQで48%増を達成。赤い方は、消防用のドローンです。

営業利益、粗利推移

四半期の売上は、まだ11億円ほどですが、対前年同期比で104%増と堅調に成長しています。

最新バランスシート

まだまだ企業規模としては小さいですが、、今後の成長期待が大きいですね。

Huazhi Hu CEOコメント

世界的なUAM業界の第一人者として、私たちはすでに中国と世界で累計100台以上のEHang 216 の 旅客グレードのautonomous aerial vehicle(AAV)を納入している。また、世界中で10,000回近くの安全飛行を行い、事故はゼロになった。これは、このような革新的な旅客グレードのAAVとしては驚くべき成果だ。当社独自の安全システムは、度重なる実飛行で十分に証明されている。数多くの安全な飛行は、量産を開始するための私たちのための強固な基盤を築いてきた。また、韓国でのUAM(Urban Air Mobility:都市空中交通)の使用事例を検証・実証するための公開試験飛行も完了し、韓国市場からの新たな受注につながっている。

当社のAAVにとって、品質は常に最優先事項だ。現在の生産施設では、もはや大量生産の需要を満たすことができないので、我々は、40,000平方メートルの面積で、広東省雲府に新しい生産施設を建設することを決定した。さらに重要なことは、設計から生産、運用に至るまでの業界標準やシステムを確立し、自動配送ポートをはじめとするインフラの設計・開発にも力を入れ、既存の空港のような統合運用システムを徐々に確立していくことが重要だ。これは、EHang216を安全に運用するための重要な施策でもある。

現在、当社は独自の特許を持つ統合型AAV技術プラットフォームを開発している。ハードウェア、ソフトウェア、サプライチェーンの分野での経験と専門知識を活用。今後は、中・長距離飛行の需要に対応するため、積載量の異なるAAVモデルをより多くリリースしていく予定。このように、新製品の投入により、自律型エアモビリティの運用範囲を徐々に拡大していく。また、EHang 216 F Firefightingモデルの潜在的な受注を継続的に受けているので、正式な認可プロセスを加速させていく。一方、中国国務院は、消防用無人航空機の産業改良と実用化を加速させることも提案している。EHang 216 AAVは、乗用型、消防型、物流型の3種類があり、今後の主要な収益の柱となることが期待されている。

政策や規制の面では、そのプロセスを推し進めようとしている。中国では、2018年に中国民間航空局から耐空証明パイロットと試験運用プログラムの承認を受けた。最近、CAACは13都市を民間無人航空実験区として選定したことを発表した。先週、中国国務院はまた、UAMの開発を国家戦略に含めるよう促した。政府の支援と関連インフラのアップグレードにより、2021年にEHang 216の耐空証明書を取得し、商業運航サービスの提供を開始する予定だ。UAMの商業化は予想よりも早く実現することは間違いない。だから、一緒に未来を受け入れよう。

Edward Xu氏 Chief Strategy Officerコメント

EHang 216Fは、最大600メートルの高度まで対応でき、従来の高層火災用の消火装置よりも優れている。EHang 216Fは、世界初の空中消火のためのAAV。1回の飛行で150リットルの消火泡と6つの火災プロジェクトのタイトルを運ぶことができる。

私たちの管理技術により、遠隔地の地上制御ステーションを介して、艦隊内のAAVを操作することができます。これまでのところ、私たちは、中国の緊急管理部門や消防署のすべてのレベルからの大きな市場の需要と強い関心を見ている。

https://ir.ehang.com/static-files/fef9e762-d4e6-4d30-bc51-48963f624f2c

9月には、EHang 216 206の空中物流バージョンであるEHang 216Lというもう一つの新製品を発売した。これは、都市部と農村部の両方で、短~中距離の航空物流向けに記録的な積載量を持つマルチローダーAAVだ。このモデルは、大型小包の配送、農産物の輸送、海上輸送、航空緊急対応、災害救助など、頻繁に、あるポイント間の配送を必要とする様々な都市部や農村部の物流用途に、より多くの商業的な機会を得ている。

当社は世界をリードするAAV企業として、AAVの高い需要を満たすための新製品とソリューションを探求し、中国や海外のスマートシティの問題点を示し、実用化のために尽力している。今後、当社は強固な新製品のラインナップを拡充し、より多くのユースケースを開発し、AAV技術とエアモビリティソリューションの商業化をさらに加速させていく。

事業拡大に向けて。当社は7月に、増加するAAVの市場需要に対応するため、広東省雲府市に新たな生産ラインを設置することを発表した。これは広州の既存設備を補完するものだ。雲府工場は、現地政府の支援を受け、2021年前半に生産を開始する予定で、EHang 216Fを中心に年間600機の生産能力を見込んでいる。雲府工場には、研究開発施設とエアモビリティのための訓練センターが併設される。中国でのAAV需要の増加に対応するために、当社の能力を強化することが期待されるこの新しいプロジェクトに興奮している。

7月には、EHang 216がカナダのケベック州でEHang 216の試験飛行が許可され、日常的に実施されていることを示す特別運航証明書をカナダ民間航空局から授与された。これは北米では初めての旅客用AAVの定期運航許可であり、EHang 216の国際市場における規制上の突破口となる重要なマイルストーンとなった。

さらに8月には、ICAO(国際民間航空機関)が支援する国際的なプロジェクトである、救急・医療用の空飛ぶ救急車を開発するAmbular(アンブラー)に参加することが決まった。当社は、世界で初めて旅客グレードの空飛ぶ救急車を立ち上げ、商品化した企業として、アンブラープロジェクトにローターやモーターなど必要なハードウェアを提供していく。ICAOが支援するAmbularプロジェクトに参加し、業界のリーダーたちと協力して、当社独自の技術と実践的な経験を活用して、緊急時の重要な時間を節約するという使命を果たすことができることに興奮している。

11月下旬、中国国務院総局は回覧板を発行し、UAMの発展を中国の国家戦略に取り入れ、関連する政策、基準、法律を策定するよう促した。国務院は、消防用UAVの潜在的な用途も強調。中国政府が新しいUAM産業のために大きな重点と戦略的なサポートを持っていることを反映しており、業界のための強固な規制基盤を築くべきである。これにより、中国が世界最大のUAM産業市場になるための道が開かれ、当社のリーダーシップと成長の勢いが強化されると考えている。

総括、まとめ

世界のアーバンエアモビリティ業界における最先端のAAV技術と、商用利用の先駆者として、空飛ぶ技術がスマートシティでの生活において、実用化するコンセプトで企業活動を行っています。

この一週間、$EHの株を購入しようか迷っているうちに、昨夜+30%増と急上昇してしまいました。未来のUAM(Urban Air Mobility)市場において、中国政府も積極的にサポートする姿勢を見せていることから、、長期的に大きなポテンシャルを秘めているのではと思っていました。赤字額も徐々に縮小していることから見ても、今後年600機の生産能力まで高め、さらに多くの国で飛行テストの許可を取り市場を拡大しようとしているので、グロース株としての魅力を感じています。

年間売上が約50億円弱の会社に、すでに機能の上昇で時価総額は1500億円ほどまで上昇してしましました。乗り遅れた気持ちはありますが、、ボラティリティは高いと思うので、もう少し様子を見ようと思います(こうやって買いのタイミングを逸していく・・)

世界の企業に先んじて商用化を実現できている点、世界で初めてUAM業界でIPOできた点は評価できますが、UAM業界では、ボーイング、エアバスのほか、テンセント出資のLiliumダイムラーが出資するVolocopte、グーグルが出資するKitty Hawk、Uberなども参入してきているので、今後競争が激化してくることが予想されます。

中国政府がテクノロジーの分野で世界の覇権を狙う中、この企業が政府からのお墨付を取り、国家戦略の一部として今後飛躍していくことも予想できます。将来的に、ちょっとタクシーでお出かけするときの選択肢として、無人の自動運転ドローンが登場する世界も遠くないのかもしれません。

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました