【20/12月期】 ドラフトキングス($DKNG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Draftkings($DKNG)の会社概要

ドラフトキングスは、ファンタジースポーツや、オンラインカジノなどの事業を提供している会社です。2020年4月にSPACを通してナスダックに上場しました。

ゲーム技術を有するSBテックと合併後に、上場を目的としたダイアモンドイーグルという会社に身売りし、企業価値を上げることでSPAC上場を果たしました。上場後はDraftkingとして経営しています。その時の企業価値は33億ドル、IPO後も株価は上昇し、今では226億ドルまで時価総額は上昇しています。

同社のメインビジネスは、ファンタジースポーツです。

ファンタジースポーツとは、オンライン上で、自身で選んだプレイヤーで作った理想のチームを作り、それを他の人が作ったチームとポイントを競う仕組みです。自身が選んだスポーツ選手の実際の成績を元に点数が増減されます。NFLが一番のメジャーですが、野球、サッカー、ゴルフ、その他多くのスポーツにおいてプレイすることができます。

シーズンを通して、自身の作ったチームを競わせて楽しむモードから、一試合だけに絞って点数を競い合うこともでき、さらには「次のプレイがどうなるのか?」ということにリアルタイムですぐ賭けることもできるようです。直近のパフォーマンス、ケガ、出場停止、天気、その他様々な要素を加味して分析し、ベストなシナリオを作ってプレイし勝率を上昇させることで、自身へのリターンを増やすことができます

多くのユーザーが、今まで見ていなかったスポーツを新たに見るようになった、より深くスポーツを分析するようになったというデータもあります。新たなスポーツの楽しみ方、既存ビジネスとのシナジーなど、多くのことが期待されます。

一方で、賭け事なので、各州によって規制の対象になりますので、州政府のとの交渉は継続して行われています。

Draftkings($DKNG)の決算内容

決算サマリー

EPS:-$0.655(予想:-$0.43)
売上高:$322M(予想:$233.2M)
FY21ガイダンス
売上高: $900~$1,000M(+40~55%) (予想:$872.2M)

売上推移

2020年Q1のデータは見つけられなかったので、ゼロになっています。

売上成長率(対前年同期比、対前期比)

売上対前年同期比+146%!!対前期比でも+143%。この成長率はすばらしいです。どのような要因でここまで売り上げが増加したのかを見ていきたいと思います。

粗利率推移

Jason Robins CEOコメント

決算コールにご参加いただき、ありがとう。

2020年に達成したことのリストは印象的だった。SBTechとの経営統合を完了し、4月に株式公開会社となった。チーム組織とビジネスの観点から2つの会社の統合を完了させ、自社内のスポーツベッティングエンジンへの移行を進めており、2021年のQ3末までには完了すると予想している。また、6月と10月には資本調達を完了し、約17億ドルの資金を調達した。

アイオワ州、コロラド州、イリノイ州、テネシー州ではモバイルスポーツベッティングを、ペンシルバニア州とウェストバージニア州ではiGamingを開始した。5月のマッチ2では、イベントの勝者やその他のゲーム内市場のライブ広告を表示する新しい方法で、お客様と関わりを深めた。この革新的なアプローチは、マッチ3や11月に行われたマイク・タイソン対ロイ・ジョーンズJr.ボクシングの試合など、他のイベントで行ったコンテンツ統合にも採用した。

また、ESPNやTurner Sportsなどの大手メディア企業や、 Chicago Cubs、New York Giants, Philadelphia Eagles, Nashville Predators, Detroit Pistons そして最近ではCharlotte Hornetsなどのプロスポーツチームとの関係を構築した。また、2020年にはメジャーリーグやPGAツアーなどの主要なスポーツリーグや団体との関係を拡大した。

ジョセリン・ムーア氏とヴァレリー・モズリー氏を取締役会メンバーに迎え、マイケル・ジョーダン氏を特別顧問に迎えるなど、取締役会の強化と多様化を図った。そして昨日、野球界のレジェンドであり起業家でもあるカル・リプケン・ジュニア氏が取締役会の追加特別顧問に任命したことを発表した。

■業績
2020年の業績は予想を上回った。プロフォーマの収益は、昨年の4.32億ドルに対し、ほぼ50%増の6.44億ドルとなった。2020年のMUPとARPMUPはともに29%成長した。

MUP(Monthly Unique Payers:月間課金ユーザー)
ARPMUP(Average Revenue per MUP:ユーザー一人当たり課金単価)

Q4の売上は前年同期比でほぼ100%成長し、MUPsとARPMUPSはそれぞれ44%と55%成長し、年の締めくくりは好調だった。年間の売上は、ガイダンスの中間点をほぼ上回る9,500万ドルの増加となった。

これらの結果は、コアビジネスのオーバーパフォーマンスに加え、イリノイ州でのモバイル登録の延長、オンラインスポーツブックでの予想を上回ったことなどによるもの今後も米国のオンラインスポーツベッティングおよびiGaming市場の継続的な成長には自信を持っている。ニュージャージーのような市場でも、2年半前から実質的な成長が続いている。ニュージャージー州での弊社の取扱高は2020年に100%以上成長し、COVIDパンデミックの影響にもかかわらず、同州で利益を向上している。当社は、継続的な成長が期待されること、本業の業績が好調であることから、2021年の売上高の見通しを引き上げた。

Q4にはテネシー州でスポーツベッティングを開始。1月には、アイオワ州の人々は、実店舗のカジノでの対面ではなく、モバイルアプリを介して登録することができるようになった。また、ミシガン州ではモバイル・スポーツ・ベッティングとiGamingを、バージニア州ではモバイル・スポーツ・ベッティングを開始した。テネシー州は非常に好調なスタートを切っている。テネシー州は、12月の前月比38%の伸びを含め、運営開始から2ヶ月間で3億ドル以上の取扱高を記録し、米国のスポーツベッティング史上最高の2ヶ月間のスタートを切った。その結果、スポーツベッティングは数百万ドルの税収を州にもたらした。

スーパーボウルの日曜日に行われたミシガン州の一人当たりのiGamingハンドル(掛け金)は、ニュージャージー州、ペンシルバニア州、ウェストバージニア州の一人当たりのiGamingハンドルの平均の1.9倍となった。

ギフトカード
12 月には、業界初のリテール向けギフトカードの発売に向けて、インコム・ペイメンツとの合意を発表した。これにより、コンビニエンスストアでのドラフトキン グスのプレゼンスが高まり、消費者は25ドルと50ドルのギフトカードを他の人に贈ることが可能になる。

■Turner Sportsとの関係強化
1月には、マッチ2とマッチ3の放送統合が成功した後、ターナースポーツとの関係をさらに強化した。DraftKingはターナースポーツと協力して番組を制作し、モバイルアプリ、YouTubeチャンネル、Twitterフィードでストリーム配信した。顧客のエンゲージメントは非常に高く、スポーツベッティングコンテンツとサイトに対する強い需要があることを示している。

■NFLとの提携
今月初めの拡大契約の発表により、NFLとの関係はさらに深まった。スーパーボウルに目を向けてみると、DraftKingsは、「5500万ドルの予測チャレンジ」を無料で提供するプロモーションを実施し、ゲーム内のスーパーボウルのCMでも紹介されている。スーパーボウル当日には、当社の歴史の中で最も多くの新しい有料プレイヤーを獲得した。一貫した魅力的なユーザー体験を提供するモバイルアプリの開発への投資が功を奏している。

■アプリの浸透
iOSとAndroidの両方でアプリストアの最高評価を維持し、カジノとスポーツブックのiOS最高評価も維持していることを報告したい。スポーツベッティングとiGamingが全米に拡大し続ける中、DraftKingsのスポーツブックとカジノのアプリがまもなくGoogle PlayストアでAndroidユーザー向けにダウンロードできるようになることに興奮している。

主な質疑応答

アナリスト
「2019年3月のMarch Madness/NCAAトーナメントには非常に堅調な月だったと思う。Q1はどのようにそれを考慮しているか?」

Marach Madness(三月の熱狂)とは、大学バスケットボールのチャンピオンを決めるトーナメントのこと。毎年3月から4月にかけ、NCAA(アメリカの大学スポーツ協会)の1部リーグにランクされた男子68校のチームがトップを目指します。

CEO
「ハイレベルな視点でコメントすると、これは本当にキーとなるシーズンの一つだ。ファンタジースポーツではメジャーでは無いが、スポーツブックでは非常に重要。昨年はイベントがキャンセルされたことを考えると、今年は非常に盛り上がると思う。スポーツベッティングでも非常に人気がある。Q1のガイダンスには、それらすべて反映している。」

アナリスト
「カナダで今準備していることについて教えて欲しい、非常に大きなビジネスの追加になると思うが、どのような計画をしているのだろうか?」

CEO
「あなたの言う通り、カナダは本当にエキサイティングな機会を提供してくれると思う。オンタリオ州では、連邦レベルと、州レベルの両方で、立法的に非常に良い進展が見られている。

オンタリオ州は最大の州であり、カナダの人口の45%近くを占めているので、どの州でも、まず最初に手に入れなければならないのはオンタリオ州だ。他の州もそれに続くことを期待しているが、実際にそうなるかどうかはまだわからない。

オンタリオ州から、規制の情報についてアップデートがあれば、カナダでのNFLの契約の拡大を含めて、準備していきたいと思う。」

総括、まとめ

ドラフトキングス、非常に力強い決算でした。何よりも、予測に対しての売上の大幅なBeat。クロスセルによる売上増と、新たな州で合法化され、各州で顧客のエンゲージメントが高まったことが、売上を伸ばした大きなポイントだと思います。さらにガイダンスも上方修正したことによって、2021年の成長力に期待がかかります。EPSはマイナスですが、2022年にかけて赤字額を少なくしていくフェーズで、今はマーケティングを強化し、顧客の獲得を優先しています。

8月にQ2の決算で注目してから、コロナ環境でスポーツイベントの開催が不透明なフェーズから、NBA,MLB,NFL、NHL、大学スポーツに至るまで、多くのイベントが実施され、ドラフトキングスの売上が急増しました。Q1には、大学バスケットの頂点を決めるトーナメントもあり、こちらもスポーツベッティングの収益増に期待したいです。

カナダや、各州政府と合法化に向けた調整、NFLとの関係強化、増資で得たキャッシュをベースにしたマーケティングへの投資など、新たなユーザー獲得など積極的に攻めの姿勢で売上成長を加速しています。ある大きな州が合法化されれば、それだけで売上がジャンプアップするので、まだガイダンスに盛り込まれていない要素による、さらなる成長加速に期待ですね。

先週も、決算発表の前にナスダックの急落を受けて、多くのグロース株が売られる中、$DKNGはそこまで下落しなかったのは印象的でした。グロース株であると同時に、経済リカバリーによるスポーツイベントの盛り上がりによるエンゲージメント増にも期待できる銘柄かと感じています。

2020のTTMベースのPSRは40倍ほど、割安感はないのと、現時点でまだ赤字額が非常に大きいことがネガティブポイントかなと思います。

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました