【20/12月期】 スキルズ($SKLZ)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Skillz inc($SKLZ)の会社概要

Skillzは、モバイルゲームやモバイルEスポーツのプラットフォームを開発運営している会社です。スキルズのプラットフォームのゲーム内で、ユーザーが自身のゲームスキルをベースに競争を介して収益化を可能にしている点が特徴です。設立は2012年、本社はカリフォルニアのサンフランシスコに位置しています。

Skillz inc($SKLZ)の決算内容

決算サマリー

売上推移

GMV : Gross Marketplace Volume ユーザーSkillzのプラットフォームのコンテストにエントリーした総額。GMVは対前年同期比+78%、売上は+95%と素晴らしい成長率を示しています。

課金ユーザー数、平均顧客単価

CEOコメント

このたびは、上場企業として初めての決算説明会にお越しいただきありがとう。私たちは、この1年間に達成した好調な業績のハイライトをご紹介したい。

Skillzは、世界でも有数のモバイルeスポーツプラットフォームであり、27億人という巨大なゲーマー市場で急成長している。当社は引き続き成長のための戦略的な投資を行い、素晴らしいユーザー体験を提供するとともに、インターネット上の競技層を構築するという当社のビジョンを実現している。

Q4は、20四半期連続で売上が増加した。当四半期には、エンハンサー・プラットフォームの機能を拡張し、魅力的な新しいゲームを多数追加した。また、パンデミックの影響を受けながらも、売上予想を上回る結果となった。

私たちは8年前にSkillzを立ち上げた。開発者が開発したゲームを世界と共有できるようにすること、そしてゲーマーを有意義な競争に導くことを使命としている。Skillzのプラットフォームを構築するにあたり、私たちはユーザーと開発者の信頼を獲得し、維持することに注力してきた。この市場を勝ち抜くためには、消費者を不正行為や詐欺から守ることが重要。そのために、私たちのプラットフォームはデータサイエンスに支えられており、15件の初期特許を申請中の強固なポートフォリオを持っている。当社がプラットフォームを成功させたことで、模倣品やクローンが急増しているが、当社のストーリーを初めて知った方には、当社の上述した価値観をご理解いただけると思う。

今日、ゲームは映画、音楽、書籍よりも市場規模が大きく、モバイルは860億ドルと、ゲームの中で最大のセグメントであり、メディアとエンターテインメントの中で最も急速に成長している市場だ。現在の予測では、モバイル機器の普及に伴い、2025年までにモバイルゲーム市場は1,610億ドルに達すると考えられている。スマートフォンとタブレットは、2025年までに倍増すると予想されている。モバイルゲームは、インタラクティブなデバイスのために作られたインタラクティブなコンテンツであり、それがエンターテインメントの未来を作っている。

Skillzプラットフォームは、優れたプレイヤーエンゲージメントによるマネタイズを実現している。2020年には、260万人の月間アクティブユーザー(MAU)が当社のプラットフォームでゲームを楽しんだが、これは2019年に比べて+63%の増加だった。

2020年には、平均的なモバイルゲームのアプリ内課金率が2%であるのに対し、当社のユーザーの13%が課金している。このような高水準のエンゲージメントと課金者数の増加により、当社の売上は通期で2.38億ドル、四半期で6,800万ドルとなり、それぞれ前期比+92%、+95%の成長を達成した。

パートナー企業との連携について、昨年から継続して投資しているのが、ゲーム同期型のエコシステム。私たちは、リアルタイムストラテジー、格闘ゲーム、ファーストパーソンシューターなど、新しいジャンルのゲームを可能にするために、プラットフォームの範囲を拡大している。

次に、拡張性の高い技術インフラとして、高速データアーキテクチャ、自動インシデント対応システムに多大な投資を行った。これらにより、最先端のパフォーマンスと耐障害性を備えたプラットフォームを効率的に拡張することができるようになった。また、拡張しても99.9%以上の稼働率という業界トップクラスの信頼性を提供し続けることができるようになった。

次に、NFLとの新たな複数年契約についてお話したいと思う。モバイルゲーム開発者の皆様に、Skillzプラットフォームを利用してNFLブランドのモバイルeスポーツを開発する道を提供していく。NFLは世界で最も象徴的なブランドのひとつ。そのNFLをSkillzのプラットフォームで提供できることを光栄に思う。

Q2にNFLとSkillzは開発者チャレンジを開始するが、そこで選ばれたゲームが市場に出るまでには複数の四半期が必要だ。そのゲームの開発者は、NFLとSkillzの両方からマーケティングサポートを受けることになる。何億人ものファンを持つNFLからのプロモーションマーケティングは、現状の予測には盛り込まれておらず、これはユニークな販売機会となるだろう。

第三に、海外展開について、現在、当社の売上の90%以上は北米からのものだ。そして、海外市場はその4倍の規模がある。当社の北米以外の最初の国際市場はインドであり、今年後半にその市場を立ち上げることを計画している。

インドのモバイルゲーム市場は、すでに1億3,700万人のゲーマーに達しており、年率26%の成長が見込まれている。その点、米国の市場は、現在約2億1,000万人のゲーマーがいて、年率6%で成長しています。これらは米国市場の3分の2の規模ですが、4倍の速さで成長している。

ブランドとの協力関係に大きな可能性を見出している。ブランドとの統合的なパートナーシップは、新しい体験を求める消費者と、チャネルを通じてファンや顧客にアプローチしたいブランドの両方に価値をもたらす。2020年だけでも、消費者価格で13億円の支払いを行った。ブランドとスポンサーが賞金総額の10%を負担すれば、1億3,000万円の増収となり、そのほぼすべてが最終的な売上に落ちることになる。

以前、私たちの100年の旅についてお話した。今回はその100年のうちの8年目にあたる。まだまだエキサイティングな四半期と章が続いていく。この旅に参加してくださっている皆様に本当に感謝している。私たちは共に、ゲームの歴史、さらにはメディアの未来において、極めて重要な瞬間を定義しようとしている。

長年にわたり、独立系ゲームメーカーは、一部の人たちがコントロールするシステム上の優位性に阻まれてきた。この市場を民主化することで、私たちは、ゲームメーカーが競争できるようにし、競争条件を整えることができる。私たちは、すべての人、すべての場所で、ゲームをより良いものにする。みんなのためのeスポーツ」という私たちのミッションを一緒に実現していきましょう。

主な質疑応答

アナリスト
「最近、Googleが利用規約を更新し、Play Storeでライセンスされたギャンブルアプリケーションの配信を許可したことを受けて、eSportsに関して何か最新情報はあるだろうか?」

CEO
「Google Playについて、Googleは最近、利用規約を更新し、ご指摘のようにライセンスを取得したギャンブルアプリケーションの配信を許可した。この更新はスキルズに直接影響を与えるものではないが、新たなコンテンツカテゴリーを可能にしようとする前向きなトレンドを示していると言えるだろう。Playストアがなくても、当社はAndroidの収益を伸ばしていることは示しておきたい。」

アナリスト
「年間のガイダンスを発表したが、四半期ごとの売上は、どのように予測しているか?」

CFO
「ガイダンスについて、段階的にどう考えるべきかについてお答えしたい。通常、当社のビジネスでは、Q1にかなりの増加が見られ、Q2、Q3、Q4とフラットになっていく。ご覧の通り、当社は大規模な投資を行っている。私たちは、シェアを拡大し、長期的な価値を高めるために、大規模な投資を行う機会があると考えている。このような投資は、長期的な収益成長の軌道に乗るはずで、2021年に顕著にそれが表れてくると思う。

総括、まとめ

Skillzは、自社、ユーザー、開発者のすべてがハッピーになる関係を築いていることが大きな強みですね。開発者も、Skillzでゲームを開発することで、スポンサーからのサポート、ユーザーからの課金のマージンがあり、ユーザーも自信のゲームスキルを収益化することが可能になります。プラットフォームを提供するSkillzはmarginで儲かるし、粗利率は驚異の95%です。

これまでEスポーツのプラットフォームは大きな競合がおらず、参入するためにもオンラインでお金を競うことになるので、信頼性は不可欠です。それが無ければユーザーの忠実性を得ることはできないので、参入障壁の観点では非常に高いのではと感じています。CEOも多くの特許を取得していて、稼働率は99.9%を実現しているなど、その品質に自信を持っていました。

NFLとのパートナー契約については、その売上への影響は2021年へのガイダンスには含まれていないことを説明していました。NFLという大きなブランドからのスポンサーとしてのマーケティングのサポートを考えると、今後2021年のガイダンスを上方修正することも可能になるかもしれません。まずは開発者にゲームを開発してもうフェーズから入りますが、今年の秋にNFLが開催されるまでに多くのアップデートがあることを期待してしまいます。

NFLとのパートナー契約のニュースで株価は30%以上急騰しましたが、その後のグロース株の急落により、ニュース前の水準を割り込んでいます。

決算がリリースされた直後は、アフター市場で-5%まで落ち込みましたが、現状+5.5%まで上がっています。決算を実際に聞いて、NFLのパートナー契約がガイダンスに含まれていないこと、他にもインド展開や新たなスポンサー獲得など投資を加速している内容が評価されたのかなと解釈しました。

時価総額は1兆円。売上2021年ガイダンスは380億ほどと考えると、割高感はあると思います。金利の上昇に対してかなりの株価下落を目の当たりにしたので、バリュエーションの高さからは少し入りづらさはあるかもしれません。

新しいカテゴリで成長を目指している米国株企業として、非常に面白く期待を感じてしまう銘柄だと思うので、今後もウォッチしていきたいと思います。

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました