【21/3月期】ピンタレスト ($PINS)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Pinterest($PINS)の決算内容

決算サマリー

EPS:$0.11(予想:$0.77)
売上高:$485B(予想:$474B)

売上推移

https://s23.q4cdn.com/958601754/files/doc_financials/2021/q1/Pinterest-Q1-Earnings-Presentation.pdf

MAU(月間課金ユーザー)

https://s23.q4cdn.com/958601754/files/doc_financials/2021/q1/Pinterest-Q1-Earnings-Presentation.pdf

ユーザー一人当たり売上

https://s23.q4cdn.com/958601754/files/doc_financials/2021/q1/Pinterest-Q1-Earnings-Presentation.pdf

EBITDAの推移

Ben Silbermann CEOコメント

皆さん、こんにちは。皆さん、今日はご参加ありがとう。まず始めに、昨年の3月がパンデミックの始まりであり、まだ完全には終わっていないことを認識しておきたいと思う。この難局を乗り切るために、皆さんがチームやパートナー、Pinnersのために尽力してくれたことを誇りに思っている。

また、この困難な時期に、世界中の何億人もの人々とインスピレーションを共有し、企業が実店舗を閉鎖しても顧客を獲得できるよう支援できたことも誇りに思っている。皆さんと同じように、私もパンデミックが終わり、私たちが再び一緒にいられる時間を楽しみにしている。

最初に申し上げたいのは、今期は好調な四半期だったということ。

私たちは自分たちの戦略に自信を持っているし、自分たちが行っている投資にも期待している。もう少し詳しく説明すると、まず、これまで以上に多くの人々がPinterestを利用して、生活にインスピレーションを与えたり、計画を立てたりしている。当社の月間アクティブユーザー数は、全世界で30%増加し、4億7,800万人を超えた。これは、数四半期前から継続的に見られる傾向だが、Z世代が大きく成長している。

また、商品検索数は前年同期比で20倍以上に増加した。ピンタレストは、インスピレーションを得るだけでなく、買い物をする場所としても利用されるようになっている。次に、ビジネスが好調であること。広告主はPinnersにインスピレーションを与え、Pinterestで売上を上げている。

当社は、中小規模の広告主の増加と海外へのさらなる拡大により、前年比78%の増収を達成した。企業は、Pinterestがポジティブな場所であり、人々が生活のための新しいアイデアを得るために訪れていることを評価している。適切にターゲティングされた広告によって、Pinterestは人々の目的を阻害するものではなく、より有用なものになっていく。これらの企業は、当社の広告製品をより効果的で使いやすくするために行った投資により、力強いビジネス成果を上げている。

3つ目は、人々が生活のあらゆる場面でより多くのインスピレーションを得られるようにするための取り組みだ。私たちは、ストーリーピンのような、インスピレーションを与える新しい形のコンテンツへの投資を継続している。PinterestのStory Pinsは、他のプラットフォームのストーリーとは異る。誰かがやったことではなく、あなたが今、そして未来に何ができるかを伝えるものだ。

他のプラットフォームのストーリーとは異なり、ストーリーは消えることはなく、フォロワーだけに表示されるわけではない。あなたのようなアイデアを求めている人なら誰でも見ることができる。例えば、家を飾るために何をすべきか、夕食を作るために何をすべきか、ワークアウトをするために何をすべきかなど。Q1には、クリエイターのエコシステム全体にストーリーピンの配布を開始した。ストーリーピンの配信を継続すると、ユーザーはPinterestの新しい操作方法や利用方法を学ぶ必要がある。

しかし、ストーリーピンのような新しいメディアフォーマットに投資することで、コミュニティに刺激を与え、Pinterestをより深く楽しむための新しい方法を提供し、クリエイターや企業に新たな売上機会を生み出すことができると確信している。

また、Pinnerが目にしたものを現実のものにすることを容易にしている。Pinnerがインスピレーションから購入に至るまでの過程を見守る中、Pinterestでショッピングサーフェスに関わるPinnerの数は、昨年、200%以上増加した。Q1末の時点で、販売目的を持った小売業者からの売上は、総売上の20%だった。これらのことは、Pinterestでのショッピングを実際に牽引していることを示している。

次のステップとして、今年の後半には、プラットフォーム上でのシームレスな取引のテストを開始する予定だ。最後に、当社はグローバルにビジネスを拡大し続けている。今期はブラジルでの広告配信を開始したが、これは当社のグローバル広告事業を拡大するための重要なマイルストーンだまた、Shopifyとの連携をさらに27カ国に拡大し、Pinterestをショッピングの目的地として定着させることができた。

また、初めて海外事業が総売上高の20%近くを占めるようになった。当社のビジネスは好調だが、注目すべきは、パンデミックが始まって以来、専業主婦の注文とPinterestでのエンゲージメントに相関関係が見られたこと。もともとPinterestは、ホームセンターやレスキュー隊の収集、授業の計画などで人気がある。そして、当然のことながら、多くの人が家にいる間にこれらのことをより多く行い、2020年にはより多くの人がPinterestを利用するようになった。

3月中旬に世界の一部地域でパンデミックによるロックダウンが緩和されたことで、Pinterestのエンゲージメントやユーザー数が減少する兆しが見え始め、これは人々がオフラインでより多くの時間を過ごしていることを意味すると推測している。これから夏に向けて人々がどのように行動するかはわからないが、この傾向は続くと予想している。最後に、オンライン広告業界全体がそうであるように、当社もプライバシーに関する状況の変化に直面していることをお伝えしたいと思う。私たちは1年以上前から、広告主がPinnerのプライバシーを考慮しつつ、広告の効果を確実に把握できるようにするための措置を講じている。

これには、新しいソリューションへの投資や、広告ターゲティングの強化などが含まれる。人々は、検索、ショッピング、ブランドやクリエイターのアイデアを見つけるために、自然にPinterestを訪れる。その発症活動に基づくパーソナライゼーションは、今度の変更の影響を受けない。

長期的にどのような影響があるのかは、まだ明らかになっていない。最後に、この1年で私たちのミッションの重要性が強化されたことを記したいと思う。Pinterestは、ニュースを読んだり、政治について議論したり、他の人と自分を比べたりする場所ではない。インスピレーションを得て、将来の生活におけるアイデアを得るためのポジティブな場所だ。

これは、コンテンツと広告のポリシー、COVIDワクチンの誤った情報に対抗するための努力、新しいコンテンツフォーマットをポジティブで刺激的なものにするために設計された新しいクリエイターコードとコメントモデレーションツール、そして13カ国で利用可能になった肌色レンジなどの新しい包括的な検索機能など、ポジティブな製品を作るためのエンジニアリングに引き続き注力していることに反映されている。困難な1年だったが、ここまで来れたことに興奮しているし、今後の展開にも期待している。

CFOのガイダンスコメント

Q2の暫定的な見通しについて説明したい。CEOがエンゲージメントとMAUの成長について、今後数四半期にわたって逆風と潜在的な追い風の両方があると述べた。Q2のグローバルの月間アクティブユーザー数は10%台半ば、米国の月間アクティブユーザー数は前年同期比でほぼ横ばいになると予想している。

また、Q2の売上高は前年同期比で約105%の成長を見込んでいる。Q1および通期について考えると、広告ツールや営業範囲の拡大への投資から得られる勢いとリターンは継続するものと考えている。

主な質疑応答

アナリスト「USでは横ばいになるとガイダンスの説明があったが、ユーザー数がフラットの前提で、どのくらい広告掲載料を増加し売り上げを伸ばす余地があると考えているか?」

CFO「昨年のユーザー数の伸びと、昨年経験した前例のないCOVID期間からの関与の一部が、順次解消されていると思う。これは、夏場に見られる典型的な季節性をさらに悪化させたものだが、COVIDに関連した制限が解除されたことでさらに悪化した。また、先ほど述べたように、包括的なマーケティングへの投資も行っている。ベンが話したクリエイターやネイティブコンテンツへの取り組みは、長期的なエンゲージメントを促進するためのものだ。

PinnersがPinterestにもたらすユニークなエンゲージメント、ビジネスの考え方や計画的な行動をより効率的に活用するための投資が功を奏しているということだ。また、製品や販売網にも投資している。前回お話ししたように、長期的なビジョンとしては、広告主が予算、目標、コンテンツを持ってくれば、あとは我々が自動化するというもの。

また、今年中に認知度向上のための自動入札を開始する予定だ。このように、自動化に関する長期的なトレンドは継続している。また、Shopify社とのパートナーシップにより、さらに加速している。このパートナーシップは国際的にも展開される予定。

当期の売上増加は、特にパフォーマンス製品において、インプレッション数に対して実効CPMが増加したことが大きな要因となっている。また、私が最も注目したのは、米国の売上が65%、全体の売上が78%増加したにもかかわらず、Q1の米国および世界の広告負荷が前年同期比で減少したこと。

つまり、適切な製品を適切な自動化で構築し、プラットフォーム上で広告が広告主のために機能しているため、当社は保有する広告供給をより効率的に活用している。」

アナリスト
「ポストコロナのユーザーエンゲージメントについてどのように見ているか?」

CEO
「COVIDの期間中は、人々がオンラインで過ごす時間が長くなる。

その結果、Pinterestはその恩恵を受けてきた。ありがたいことに、より多くの人が家の外の世界で時間を過ごすようになれば、そのようなエンゲージメントの一部は解消されると考えている。ご指摘のように、私はいくつかの点に注目している。第一に、多くのコアカテゴリー、特に商業的に強いカテゴリー、例えばインテリアやファッションなどでは、依然として非常に良い回復力を示している。

これは良いことだと思っている。このことは、ショッピングサーフェスの増加、ショッピング関連の検索数の大幅な増加、そして全体的なユーザーの行動に現れている。次に、ご指摘のように、ある種の追い風が吹く可能性もありますが、私たちは将来のことを考えるのではなく、これまで見てきたことを伝えるようにしている。これまでは、ハロウィーンや祝日、結婚式の準備など、特定のイベントがPinterestのエンゲージメントを大きく左右していた。

しかし、パンデミックの際には、オンラインでの正味時間がそれを上回った。このような追い風があるかもしれないことから、Todd氏が述べたように、米国の成長は横ばいになると予想している。

しかし、長期的に見れば、楽観できる要素がたくさんあると考えている。現在行っているコンテンツへの取り組みに加えて、初のブランドキャンペーンを行い、長期的にPinner体験の質を向上させていきたいと考えている。このように、様々な要素が絡み合っていると考えている。」

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました