【21/3月期】 ズームインフォ($ZI)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Zoominfo($ZI)の決算内容

決算サマリー

EPS:$0.13(予想:$0.1)
売上高:$153.3M(予想:$145.5M)
Q2ガイダンス:売上高 $161〜163M(予想:$154M)

売上推移

SaaS企業では、サブスクリプションベースでの売上がベースのため、この直線的な成長が非常に重視されています。Zoominfo抜群の安定成長を見せています。

売上成長率(対前年同期比、対前期比)

売上原価、販管費、研究開発費の推移

粗利率推移

営業利益率推移

最新の新規顧客獲得

https://ir.zoominfo.com/static-files/c874fe43-fcc7-4f3f-ab62-5285e83f4fba

ZoominfoのGo to Market Intelligence システム

最新バランスシート

Henry Schuck CEOコメント

ありがとう。Q1は、すべてのビジネスラインで成長が加速した。GAAPベースの売上高は1.53億ドルで、前年同期比で+50%、前四半期比では調整後で+12%の成長となった。

調整後の営業利益は6,600万ドルで、営業利益率は43%となった。

継続的な改善に注力し、その上で実行することで、短期的な業績を安定的に達成すると同時に、長期的に持続的な成長を実現することができた。当期は、すべての分野で好調な業績を達成したが、特に注目したいのは、新規事業、新規顧客の追加、リテンション活動の3つの側面で、Q1としては過去最高の業績を達成した。

当期に追加された新規顧客数は、2020年Q1と比較して倍増した。また、デジタルデータを活用したGo-to-Marketの推進を目指す企業からの当社製品への需要が引き続き加速していることを受け、Q1の期首ACV(Annual Contract Value)に占める更新およびアップセルの割合は過去最高となった。当事業の短期的な業績は順調に推移しており、四半期ごとの業績予想を上回り、通期の業績予想も上方修正したが、お客様や見込み客との会話を聞いていると、長期的なビジネスチャンスは当初想定していたよりもさらに大きいと確信している。私たちがZoomInfoを設立したとき、販売者やマーケティング担当者は、潜在的な顧客をよりよく把握することを切望していた。

そして私たちは、その問題を解決するための企業データや連絡先データを提供する世界的な企業だった。私たちのデータは、昔も今も、企業のミッションクリティカルなニーズに応えている。以来、私たちはそのデータ資産のために何億ドルもの革新的な投資を行い、AIと機械学習を活用してデータの収集、正規化、照合、クレンジングの方法を大幅に改善し続けてきた。そして、このデータを活用することが、営業からマーケティング、アカウントマネジメント、新規販売からアップセル、クロスセル、更新まで、企業のGo to Marketをデジタル化するための、拡張性の高いプラットフォームの基盤となっている。

ワークフローの自動化、公開するデータの範囲と質の拡大、そしてプラットフォームのアプリケーションスタックでのデータ資産の活用に投資を続けることで、当社はますます広い堀を構築している。当社のデータとプラットフォームが成長するにつれ、当社のソリューションが影響を与えるアドレス可能な市場も拡大している。

今日、私たちは営業担当者やマーケティング担当者だけでなく、採用担当者やデータオペレーション、テクノロジーチームも支援している。また、米国内の中堅・中小企業だけでなく、世界中のエンタープライズ企業にもサービスを提供している。当期末のアナリスト・デイでは、この大規模かつ成長中の市場を対象とした当社の計画について、より詳細な情報を提供する予定だ。当期は、Dvinci Energy社などのクリーンエネルギー企業から、Keurig社、Uber社、Varidesk社、Carolina Panthers社などのダイレクト・ツー・コンシューマー企業まで、さまざまな業種のお客様からの新規および拡張取引があった。

一見、消費者向けの企業であっても、少し目を離すと、そこには成長するB2Bの動きがあることがほとんど。また、Experian、HireWorks、IDCも新規顧客となった。Modern Chemical社は、パンデミックの最中に、成長し成功していたコールドブリューの販売会社から、企業に直接販売するハンドサニタイザーのプロバイダーに転身した。私たちは、あらゆる業界のあらゆる規模の企業と仕事ができることを幸運に思っているが、特に、私たちのデータ、テクノロジー、インサイトを活用して、既存の競合他社が存在する未知の新市場で成長を促すことができる企業に、私たちのソリューションを提供できることを誇りに思っている。

当社のプラットフォームは、これらの企業が次の顧客を獲得するための競争条件を整えるもの。また、大規模で成長性のある企業向け事業を引き続き成功させ、既存の企業顧客の中に確認された10億ドルを超えるシード拡大の機会から、より多くのものを得ることに注力している。当社のプラットフォームは、CRMを「記録のシステム」から「洞察のシステム」へと変革しようとしている大企業にとって、戦略上の必須条件となりつつある。この必要性と戦略は経営陣が主導するものであり、企業全体で当社と有意義な会話をするきっかけとなっているほか、より大規模で変革的な契約にもつながっている。

今期は、過去最大級の8桁台の取引を成立させたほか、ACV10万ドル以上のコホートへの参加者も前年同期の2倍以上に増えた。3月31日現在、ACV10万ドル以上のお客様は950社を超え、前四半期の850社以上から増加している。これは、FTPエンリッチメントの1世代前の技術であり、より現代的なリクエスト&レスポンス方式を大幅に改善したもの。この新機能により、企業に対してより多くの価値を提供することが可能となり、EverString社の買収・統合後に当社が独自に獲得することができるData as a Serviceの機会をより的確に捉えることができる。

さらに、当期には、拡大する国際的なビジネスチャンスに対応するため、リソースを増強し、ドバイ、シドニー、ウィーン、リオデジャネイロ、ヘルシンキ、ベルリンなどで新たな顧客が加わった。3月は、欧州全域で獲得率と需要が増加し、英国、アイルランド、オーストラリア、ニュージーランド、カナダでの販売が加速し、国際部門で過去最高の売上を記録した。これは、海外のお客様がデータを活用して営業およびマーケティングプロセスの効率化を図っていることを反映したものだ。製品面では、Salesforceとの統合を深めるための投資が功を奏し、新しいSalesforce同期機能の導入が急速に進んでいる。

この機能により、ユーザーはSalesforceのファーストパーティデータをアカウントデータ、リードデータ、コンタクトデータ、さらにはオポチュニティデータなどのZoomInfoフィルターに直接結びつけることができる。この双方向同期機能を導入したアカウント数は、8倍以上に増加した。

当社のプラットフォームに対する市場の反応は、引き続き非常に良好だ。前回の決算発表以降、ZoomInfoはForrester Research社による2021年Q2の「Forrester Wave for B2B marketing data providers」において、データのセキュリティとプライバシー、データの取得と処理、統合、APIとアプリケーション、セールスサポート、ソリューションパッケージと価格、製品のロードマップとビジョンなど、18のカテゴリーで最高得点を獲得し、リーダーに選ばれました。Forrester社は、ZoomInfoが、共有されたデータ基盤の上に構築された補完的なアプリケーションの広がりを持つ、包括的なデータソリューションを求める企業に最適であると述べている。

また、G2では26件のNo.1評価を獲得し、TrustRadiusでは4年連続でセールスインテリジェンスソフトウェアのトップ評価を獲得している。最後に、TrustArc社からGDPRとCCPAの実践検証を受けた。これは、当社のデータプライバシーに関するリーダーシップと、お客様の信頼を得るためのプライバシーフォワードへの注力を強化するためのもの。過去12ヶ月間で、当社のチームは約50%成長した。

この1年間は自宅で仕事をしていたが、毎日1%ずつ自分を高めていくことに注力した結果、従業員は新しいスキルの習得に挑戦し、信じられないほどの社内流動性を維持している。昇進から部門を超えた異動まで、ZoomInfoのキャリアアップの機会は業界平均をはるかに上回っている。私たちは、個人的にもプロフェッショナルとしても成長するために、チームのすべてのメンバーが新しい責任を負うことを奨励している。社員の多くは、オフィスに入るのが初めてで、チームメイトと直接会うことを楽しみにしている。

私たちは7月にオフィスへの復帰を開始する予定だ。ハイブリッドな職場復帰モデルに対応するために世界中のオフィスを準備しているので、再び同僚と直接集まれることを楽しみにしている。私は、このチームが、革新、協力、学習を全員で行うことにより、新たな可能性を定義し続けることができると確信している。

主な質疑応答

JPモルガン アナリスト
「海外の成長率が国内よりも高い理由を説明して頂けないだろうか?国内では景気の回復が進んでいるのに、海外ではCOVIDの再燃が続いている状況なので、確認したい。」

Henry Schuck CEO
「2つのことを考えている。まず第一に、海外では、国内よりも明らかに普及率が低いと思う。第二に、海外では我々のようにデータカバレッジと市場開拓のための技術をまとめて提供できる会社がないということ。

そのため、私たちが現地に行っても、ほとんどが伝道活動だ。しかし、お客様は、データを使って初めて市場開拓に影響を与える機会を得たことに、とても興奮している。そのため、市場は国際的にこの種のソリューションを受け入れる準備ができている。私たちが提供するようなパッケージ化されたソリューションは、海外の顧客はこれまで見たことが無かった。

だからこそ、市場参入の方法を真の意味でデジタル化する方法を示すことができたとき、その反応は圧倒的に良かった。」

Piper Sandler アナリスト
「御社のビジネスの予想成長率が、コンセンサスでは27%だったのが、現在は41%になっている。それは重要な変化だ。成長率の変化のペースの大きさは、わずか9ヵ月前に誰もが考えていたよりもはるかに強いように思うので、何か意見があれば聞かせて欲しい。」

Henry Schuck CEO
「ご質問ありがとう。私は、Silver Bullet(難題に対する直接的かつ苦労のいらない解決策という意味)のようなものがあると言いたいが、実際にはない。私がこのビジネスで日々目にしているのは、クラス最高の成果を出すこと、毎年1%ずつ向上させること、というような焦点に立ち返ることだと思う。

この9ヵ月間に各部門で目にしたものは、9ヵ月前とは比べ物にならないほど。私たちはビジネスのあらゆる分野で進歩した。ビジネスのあらゆる分野で洗練されている。ビジネスのすべての分野で、新しい才能と強力な人材を導入した。

従業員にはビジネスのあらゆる分野で向上を促した。そしてこれは、長期的に一貫して実行されるビジネスになるだろう。私たちは、クラス最高の実行力に焦点を当てた、耐久性のある成長事業を構築しており、それを目の当たりにしているところだ。」

総括、まとめ

Zoominfo,非常に力強い決算でした。EPS、売上、ガイダンス共にクリア。何よりも直線的な成長曲線を維持継続しているところがすばらしいです。CEOの言葉にも自信が感じられました。

CRMと連動し、セールスモーションを効率化、強化するソフトウェアのSaaS企業、今後の企業のデジタル化において、無くてはならないソリューションとして期待がかかります。

この決算でも、決算後のアフターでは+1%しか反応しませんでした。地合いが悪すぎますが、このような好決算を出した企業はチェックしておきたいところです。

素晴らしい企業なので、今後もフォローしていければと思います。

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました