【21/4月期】 ズーム・ビデオコミュニケーションズ($ZM)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Zoom Video Communications($ZM)の決算内容

決算サマリー

EPS:$1.32(予想:$0.99)
売上高:$956.2M(予想:$906.03M)
Q2ガイダンス:売上高 $992M(予想:$931.74M)

売上推移

売上成長率(対前年同期比、対前期比)

粗利率推移

営業利益率推移

契約維持率

契約維持率は130%、12四半期連続。

EPS(一株当たり利益)推移

キャッシュフロー

最新バランスシート

CEOコメント

本日のウェビナーにご参加いただき、ありがとう。まず始めに、お客様のズームに対するコミットメントと信頼に感謝したい。そのおかげで、売上高が前年同期比で191%増加し、収益性とフリーキャッシュフローも堅調に推移し、好調な会計年度のスタートを切ることができた。また、5,000人を超える従業員にも感謝の意を表したい。

世界の一部が再開されるにつれ、いくつかのことが明らかになってきた。第一に、私がお話を伺った多くのお客様は、ハイブリッドソリューションの構築を目指しており、一部のオフィスを慎重に再開しようとしている。第二に、業界、企業、個人によって、最適なワークモデルは異なる。

ズームは、お客様がそれぞれの方法で将来のワークモデルを調整するサポートを行う。多くの企業では、ハイブリッドな働き方を実現するためにワークプレイスを再設計している。そこで私たちは、このニーズに応えるために、室内と遠隔地の参加者を対等な立場にするスマートギャラリー、バーチャル受付、参加者の会計、環境センサーなどのZoomの機能を発表した。私たちは、プラットフォーム戦略の実現に着手した

2月には、ビデオSDKを発表した。4月には、アプリのエコシステムをさらに構築するために、1億ドルのZoom Apps Fundを発表した。Zoom Appsは、ユーザーがお気に入りのアプリを直接Zoom体験に取り込めるようにすることで、コラボレーションを促進し、効率を高め、ヘルシーな習慣を作り、より多くの楽しみを生み出すことを目的としている。

また、イベントプラットフォーム「Zoom Events」を立ち上げた。このプラットフォームは、企業のお客様に焦点を当て、さまざまなバーチャルイベントのユースケースをサポートする。

最近実施した調査では、米国の回答者の80%が、パンデミック後もすべてのインタラクションはバーチャルな要素を持ち続けるだろうと回答しており、この数字は調査した他の多くのマーケットでもさらに高いものだった。つまり、ハイブリッドモデルは今後も継続していく。

Zoom Eventsは、多機能でパワフルなソリューションを使って会社のイベントを作成・開催したいと考えているお客様にとって、素晴らしいソリューションとなるだろう。当社は、ARR(Annuala Recurring Revenue:年間経常収益)の観点から見て過去最大の契約を締結したことを発表したい。これは、大手グローバル金融サービス企業がZoom Meetingsを選択し、90,000以上のホストに導入したものだ。これは、当四半期に締結した大型案件の一つ。

さらに、業界をリードする3社がZoomへのコミットメントを高めていることを紹介する。

まず、175カ国以上の人々の生活に欠かせない信頼できるブランドを持つKimberly Clark社が、約25,000のZoom Phoneライセンスを追加してズームとの関係を拡大してくれたことに感謝したいと思う。既存のZoomミーティングやビデオウェビナーのお客様であるKimberly Clark氏は、Zoom Phoneの信頼性、価値、革新性に共感してくれた。

次に、1,900以上の店舗とTarget.comのオンラインストアでお客様にサービスを提供し、家族が日常生活の喜びを発見できるようにすることを使命としているTarget Corporationが、Zoomへのコミットメントを表明してくれたことに感謝したい。私たちは、ターゲット社がZoomプラットフォームソリューションを拡張し、社内外のコミュニケーションを我々の技術で統合することにより、同社のコミュニケーションイニシアティブを次のレベルに引き上げるお手伝いができることを大変嬉しく思う。

日本最大かつ世界第2位の自動車部品メーカーであり、トヨタグループのリーディングカンパニーであるデンソー社に感謝したい。デンソーは、昨年初めてZoomファミリーに加わったが、前四半期には、ZoomミーティングとZoomビデオウェビナーの利用を社内外のコミュニケーションのために大幅に拡大することを決定した。Zoomは現在、オフィス、工場、家庭を問わず、47,000人の従業員を接続している。デンソーは、”Zoomの導入は、迅速な意思決定を促す職場環境の構築に大きく貢献している。” コメントしている。

本年度、我々は素晴らしいスタートを切ることができた。年間を通じて、また、9月13日と14日にバーチャル形式で開催されるZoomtopiaで、ハイブリッドなワークスペースやプラットフォームの進化についてお知らせできることを楽しみにしている

ご存知のように、Zoom Phoneへの需要は驚くほど高く、私は新しいデバイスカテゴリーであるZoom Phone Applianceを発表できることを大変嬉しく思う。

主な質疑応答

アナリスト
「Zoom Phoneの販売の加速について、状況を教えて欲しい。」

CEO
「Zoom Phoneの勢いにとても興奮している。100万台販売に到達するのに、7四半期かかった。それは12月のこと。それが12月だったので、今は約5ヵ月で50万台を追加した。四半期末のトレンドや季節性があるが、その勢いは確実に加速しているので、私はとても楽しみにしている。

Zoom Phoneの成長に関しては、当社の製品の革新性、信頼性、セキュリティ、可用性、すべての垂直機能が魅力的。非常に多くのお客様が、オンプレミスや他のクラウドベースの電話ソリューションなど、以前にどのソリューションを導入したかに関わらず、Zoomソリューションを気に入ってくださっている。」

アナリスト
「投資家の間で尽きない議論は、FY2022年度の成長はどのようなものかということ。解約率が未知の要素であることを理解しているが、よりトレンドを理解するために、営業組織の現在の生産性について教えて欲しい。」

CFO
「特にダイレクトセールスとチャネルセールスの組織への投資を続けている。また、営業生産性も安定している。パンデミック前の水準に戻りつつあるが、世界的なブランド認知度や製品ポートフォリオの拡充による恩恵を受けて、ここからは高い水準で推移している。私たちは、特に高級品や海外市場における将来をとても楽しみにしている。また、”Zoom Phone “の勢いは衰えることがなく、非常に注目している。」

アナリスト
「ハイブリッドなオフィスにおいて、Zoom Roomが成長ドライバーになると考えてよいか?」

CEO
「Zoom Roomに関しては、特に、すべての企業がオフィスを再開する際に、大きなチャンスだと思う。なぜなら、Zoom Roomやチャットルームのセットアップ方法は非常に異なっているからだ。先ほどお話したように、スマートギャラリービューを利用することで、Zoom参加者と遠隔地からの参加者が同等の立場になります。このような体験は、以前は求められていなかった。

しかし、将来的には、そのようなことがますます増え、多くのイノベーションがZoom Roomにもたらされるだろう。これは、利用率や多くの新しいユースケースという点で、おそらく3番目の収益源になると思う。また、より重要なことは、会議室やZoom Roomのセットアップに関して、お客様が一貫した体験を求めているということ。これは、自宅に戻ったときのことを意味している。自宅で仕事をしているときも、一貫した体験をしたいと考えている。

これが、お客様がデスクトップのZoom Meetingやウェビナー、電話を導入するだけでなく、会議室での体験も好まれる理由のひとつだ。また、Zoom Roomには多くの革新的な技術が用意されている。」

総括、まとめ

ZOOM、売上、EPS、ガイダンス共にパーフェクトの素晴らしい決算でした。アナリストからも多くの質問が飛んでいたのは、オフィスが再開するにあたって、パンデミックの恩恵を受けてきたビジネスのモメンタムがどうなるのか、でした。

多くの質問に対しては、ZOOMが今仕掛けているZOOM ROOM, ZOOM Phone, ZOOM Eventなど、アップセル、クロスセルを組み合わせて成長を維持していくという回答でした。実際に大口顧客との商談が3社紹介されていましたが、ハード面、ソフト面を組み合わせて顧客の業務にプラットフォームとして浸透することで、契約維持拡大をしていく戦略ですね。

ZOOM Phoneの勢いは、非常に注目しています。5か月で50万台、これは驚異的なペースなので、今後の成長においてKEYとなることは間違いなさそうです。

PSRは直近四半期売上x4ベースでx25。ポストコロナの解約と契約維持、新規拡大の構図がより明確になっていくと思いますが、そこをどう予想するか、投資家としての意見の分かれ目だと思いました。

今後もZOOMの動向に注目していきます。

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました