【21/3月期】プラグパワー ($PLUG)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Plug Power($PLUG)の会社概要

PLUG Powerの水素燃料電池は、ウォルマートやアマゾンなどの物流倉庫にあるフォークリフトに使われていて、将来的に長距離トラックなどに使用する大規模なプロジェクトを進めています。United HydrogenとGiner ELXという会社を買収し、水素燃料電池に関わるすべてのサプライチェーンをすべて自社で行う体制が整いました。最近では、韓国のSKグループ、ルノーなどの大手と合弁会社を設立し、未来の水素経済の中心的企業として、注目されています。

PLUG Power($PLUG)の決算内容

決算サマリー

EPS:$-0.12(予想:-$0.08)
売上高:$71.96M(予想:$72.16M)

売上推移

売上成長率(対前年同期比、対前期比)

EPS(一株当たり利益)推移

最新バランスシート

Andy Marsh CEOコメント

私たちは今朝、Q1の業績をまとめた投資家向けレターを発行した。質問を受ける前に、いくつかの項目についてコメントしたいと思う。最初に強調したいのは、当社が全米で構築しているグリーン水素ネットワークの重要性について。

現時点では、2025年までに500トン、2028年までにさらに500トンのグリーン水素をグローバルに供給することを目標としている。米国内のネットワークは沿岸部から沿岸部へと広がっており、すでにジョージア州カムデン(フロリダ州)、ペンシルバニア州ランカスター郊外、テキサス州フォートワース西部、そしてニューヨーク州北部のジェネシー郡に設置される予定だ。ニューヨーク州ジェネシー郡にある45トンのプラントでは、ナイアガラの滝で発電されたクリーンな電力を原料とする。これは世界最大のグリーン水素プラントとなる。今回のプラントで重要なのは、グリーン水素ソリューションに対するお客様の需要が高まっていること。ここ数年、私たちの価値提案は、お客様のオペレーションを改善するだけでなく、CO2削減目標を達成する企業と密接に結びついていて、真の脱炭素化にはグリーン水素が必要だ。

私たちのネットワークは、売上と利益の機会を提供するだけでなく、私が本当に考えているのは、燃料電池と電解槽の両方を含む、私たちのすべての製品を加速させるということ。お客様はグリーン水素を求めており、プラグパワー社はその実現に向けて尽力している。プラグパワー社がネットワークを構築する上での利点は、産業用ガス会社とは異なり、既存の化石燃料ベースの資産を持っていないことだ。何十億ドルもの投資を無駄にする心配がない。

もうひとつ強調しておきたいのは、プラグパワーが一夜にしてグローバル企業になったこと。例えば、ルノーやIdeaとの合弁事業、そしてSK社との合弁会社設立に向けた取り組みなどが挙げられる。また、電解槽ビジネスの見込み顧客はすでに数十億ドル規模に達しており、その80%以上が北米以外の地域で展開されていることもグローバルな取り組みの一例だ。自動車用についても同様に分布しているし、活動はヨーロッパで急速に成長している。

2020年には、売上も機会もほとんどアメリカの会社だった。しかし、この半年の間に、会社はグローバル企業へと変貌を遂げた。

もうすぐQ2が終わるが、進捗状況についていくつかの考察を提供したいと思う。投資家の皆様には、Q2の総売上高として1.15億ドルから1.2億ドルを想定している。

これは、当社の年間目標売上高である4.75億ドルの約40%にあたる。通常、Q2のこの時点では、年間売上高の約33%を達成している状況なので、これは、過去に経験したことのない売上と成長率の両方のレベルで高い実行率となっている。また、Q3は非常に好調に推移すると予想している。

会計不正問題について修正を完了

プラグパワー社は、過去に発行した財務諸表の修正再表示を完了した。
2021年5月14日に米国証券取引委員会に提出した、2020年12月31日に終了した年度のForm 10-Kにおいて、以前に発行した財務諸表の修正を完了した。

この調整は、予想通り、当社のキャッシュポジション、事業活動に影響を与えなかった。プラグパワー社は、これまでも、そして今後も当社の財務諸表に影響を与えるこれらの複雑な会計問題に精通した財務・会計リソースを拡充していく。

主な質疑応答

アナリスト
「アマゾンやウォルマートなどの顧客は、かなり積極的な脱炭素化計画を発表している。そのため、お客様の活動が活発化しているのではないかと思う。これらの計画が御社のビジネスにどのように影響しているのか、また、様々な施設への導入や普及をどのように進めているのか教えて欲しい。」

CEO
「まずは、未来の配送センターがどのようなものになるのか、ということから始めたいと思う。今年末までに170カ所以上の水素ステーションと水素貯蔵施設を設置する予定だ。

さらに、マテリアルハンドリング(フォークリフト)やロボットへの電力供給など、さまざまな用途に対応するために、給油所のドローンと同じプラットフォームを活用し、屋外のディスペンサーを改良している。

そのため、お客様との話し合いは明らかに活発になっている。長期的な目標としてではなく、脱炭素化の取り組みを支援するための短期的な目標として、グリーン水素をどのように導入するか、多くの主要顧客とかなり大規模な計画を立てている。」

アナリスト
「多くの企業とのパートナー契約があったが、現在の進捗を教えて欲しい。」

CEO
「ルノーとの合弁会社は、フランスに本拠地を置く機会を提供してくれる。インフラを構築し、水素を供給するという、フランスでの多くの活動をサポートするため、より広範囲なものとなる。JVでは、プラグパワーの社員が自発的にフランスに赴き、この活動をサポートし、できるだけ早くこの企業を立ち上げるために協力している。また、ドイツ市場をサポートするために、ドイツのデュッセルドルフ郊外にビジネスセンターを開設している。ヨーロッパにはかなり強力なセールスチームがあり、サービスエンジニアやアプリケーションエンジニアも配置して、ビジネスの成長をサポートしている。

また、イベリア半島では、ご存じのようにACCIONA社との合弁事業を進めている。

この合弁事業はQ3中に完了する予定で、グリーン水素の20%供給を目標としている。これは、ルノーの活動と、ヨーロッパで行われているマテリアルハンドリングの他の活動の両方をサポートするものだ。重要な項目のひとつは、いかにパートナーをうまく活用するか、いかに関係をうまく活用するかの組み合わせだと思う。

設備面では、フランスにギガファクトリーを建設してJVをサポートしたり、その他の活動を行ったり、韓国ではSKと提携したりする予定だ。」

アナリスト
「Q2ガイダンスは非常に力強いものだった、Q3も非常に良いとコメントがあったと思うが、目先の需要を牽引しているのは、何だろうか?」

CEO
最大のポイントは、実はアマゾン。アマゾンには多くの新しい導入事例がある。アマゾンは水素燃料電池だけでなく、電解槽も購入している。ウォルマート、ホームデポ、GMなど、さらに5社目の顧客がいるが、これについては下半期に2,500万ドル以上の売上を見込んでいる。このように、ビジネスは本当に健全だと感じている。また、売上をより多くの顧客に分散させ始めていることは良いことだと思う。」

総括、まとめ

プラグパワー、過去の決算修正問題から、3月期の決算報告も遅れて、もう第二四半期が閉まる直前のこのタイミングでの決算発表となりました。結果としては、EPS/売上ともにミスしましたが、ガイダンスが非常に力強い(YoY+73%)数字を示したことは好印象でした。決算発表後、株価は+13.97%で当日の取引を終えました。

会計修正問題が完了したことを、投資家向けのレターにありました。12月期は売上マイナス$309Mと、かなりイレギュラーな損益計算書が出されていて、今年からは決算はキレイになると言っていたので、今回はまた普段の決算の数字に戻ったことは安心しました。

プラグパワーは、株価が高いタイミングでうまく増資を行い、手元のキャッシュは4500億円ほどあります。設備投資も、今年、来年と800億円レベルで実行していくとCEOはアナリストの質問にも答えています。

ルノー、Acciona, 韓国SKなど海外のビッグネームとの合弁合弁会社を設立し、グローバルな展開を加速しているので、長期的な成長を期待させますね。顧客とのパイプラインも増えていて、今後は種まきのフェーズから徐々に実行フェーズへと移行していくので、プラグパワーの将来性について大きなポテンシャルを感じます。2024年に17億ドルの売上目標の前倒しに期待です。

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました