【21/6月期】 テスラ($TSLA)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

TESLA($TSLA)の決算内容

決算サマリー

EPS:$1.45(予想:$0.96)+230%
売上高:$11.96B(予想:$11.21B)+98%

売上推移

売上成長率(対前年同期比、対前期比)

粗利率推移

営業利益率推移

EPS(一株当たり利益)推移

ギガファクトリーテキサス最新写真

各種経営指標

左から、納車台数、キャッシュフロー、純利益。

CEOコメント

2021年Q2は、さまざまな面で記録的な四半期となった。過去最高の生産台数、販売台数を達成し、テスラの歴史上初めて10億ドル以上のGAAP純利益を突破した。テスラの全員が素晴らしい仕事をしたことを、本当に祝福したいと思う。これは本当に信じられないような画期的な出来事だ。また、EVに対する一般の人々の感情も変曲点に達しているように感じる。

現時点では、EVが唯一の道であるということに、ほとんどの人が同意していると思う。サプライチェーンについては、私たちがフルスピードで自動車を作っている一方で、世界的なチップ不足の状況は依然として深刻だ。今年の残りの期間、当社の成長率はサプライチェーンの中で最も遅い部分によって決定されるだろう。つまり、サプライチェーンの中で最も遅い部分にはチップが起因する。

チップの供給は、根本的に我々の生産量を左右する要因になりつつある。これがいつまで続くのかは我々には分からないので、何とも言えないが、基本的にはコントロールできない。確かに良くなっているように見えるが、予測することは困難。実際のところ、今回の数字を達成できたのも、テスラ社内の人々の多大な努力のおかげだ。

我々は、数週間のうちにファームウェアを書き上げることができ、代わりのチップで代用することができた。新しいチップを見つけ、新しいファームウェアを書き、車両と統合し、生産を維持するためのテストを行うという、信じられないような努力が必要だった。また、一緒に働いてくれているサプライヤーの方々にも感謝したいと思う。多くの欠品を解決するために、真夜中や午前1時にもかかわらず、サプライヤーに何度も電話をかけて対応した。お取引先様に本当に感謝している。

先月、完全自動運転の契約を開始することができた。今後はゆっくりとした展開になると予想している。しかし、時間が経つにつれ、勢いが増していくだろう。もちろん、完全な自動運転を高い確率で実現するためには、広く利用できるようにする必要があるが、私たちはそこに向けて大きく前進している。ですから、来年にはFSDの普及が重要な要素になると思っている。

我々は、まさに今、Giga Texasから決算説明会を行っている。チームはここで驚くべき進歩を遂げている。オンラインで写真をご覧になれば、1年前には基本的に何もなかったことがおわかりになるだろう。それが1年後には、ほぼ完成したこの大きな工場になっている。このように、ギガ・テキサス・チームは本当に素晴らしい仕事をしている。

また、ベルリン、ブランデンブルクのチームも素晴らしい働きをしてくれた。今年後半には、両工場で新デザインのModel Yを限定生産する予定だ。製造現場での苦悩を知らない人に説明するのは難しいこと。なぜ電源を入れて週に5,000台も作れないのか、とか。およそ1万点にも及ぶ部品やプロセスがあるので、製造、生産を行うのはとても難しいこと。そして、生産の大きな成長は、その1万個の中で最も運が悪く、頭が悪いものほど早く進む。しかも、そのうちのいくつかは我々の手に負えないものだから、めちゃくちゃ難しい。

私の口癖は「試作は簡単、生産は難しい」だ。テスラが成し遂げた驚くべきことは、EVを作ったことでも、自動車の新興企業になったことでもない。なぜなら、米国内外で自動車の新興企業は何百と存在するからだ。アメリカの自動車会社で倒産していないのは、フォードとテスラの2社だけだということを知っておくといいだろう。勝利の日に敗北の種がまかれるという言葉がある。テスラではそのようなことがないように努力していく。

また、完全自動運転についても大きく前進している。この進捗状況は、基礎的なソフトウェアレベルであるため、目に見えにくい部分でもある。そのため、これまでは2歩進んで1歩下がるような状況だった。しかし、時間をかけて、2歩進んで1歩下がるということを繰り返していけば、前に進むことができる。私は、このクルマが完全な自動運転に対応していると確信している。

完全自動運転のコンピュータとカメラがあれば、一般人よりもかなり高い安全レベルで自動運転ができるようになると確信している。繰り返しになるが、今年がテスラにとって飛躍的な年となり、信じられないような四半期となったのは、すべての従業員のおかげだ。本当にありがとう。

主な質疑応答

アナリスト
「Model Y、サイバートラック、セミの生産開始のスケジュールについて教えて欲しい。」

イーロンマスクCEO
「サイバートラックは非常に新しいアーキテクチャなので、立ち上げは難しいと思うが、これは素晴らしい製品になるだろう。これまでで最高の製品になるかもしれない。しかし、サイバートラックには、根本的に新しい設計思想がたくさん盛り込まれている。このような車を作ったのは初めてのこと。未開拓の領域が多いので、おそらく課題もある。」

アナリスト
「テスラは今後、FSDや高速接続以外のサービスを、サブスクリプションの一部として提供する予定だろうか?」

イーロンマスクCEO
「率直に言って、サブスクリプションについてはあまり考えていない。将来的には、電気自動車+完全自動運転に向かっているのは明らか。電動化と自律走行という2つの分野において、テスラは十分なポジションにいて、実際に客観的に見てもリーダーであることがわかると思う。例えを見つけるのは難しいが、完全に電気化された自動運転フリートの価値は一般的に巨大なものであり、心を揺さぶるものがある。文明の歴史の中で行われた最も価値のあることのひとつになるだろう。」

アナリスト
「規制当局がテクノロジーを本当に理解し、近い将来に何らかの基準を設定し始めるという点で、意味のある進化が見られるのだろうか?」

イーロンマスクCEO
「少なくとも米国では、規制が根本的な制約になるとは考えていない。使用することを許可するためには、当然、機能を実現し、信頼性が平均的な人間のドライバーを大幅に上回ることを証明しなければなならない。しかし、私たちは大規模なフリートを持っている。統計的な根拠に基づいて議論するのは簡単だと思うが、特に事故につながるようなイベントへの介入の数に基づいて、オートパイロットをオンにした車の安全性が、平均的な人間のドライバーよりも100%または200%以上高いことを示すためには、何十億マイルもの走行距離が必要なんだ。

総括、まとめ

テスラの決算、EPSを大幅にビート、売上もこのチップ供給の問題がありながらも予想を上回ってきました。ギガテキサスの立ち上げが順調であることをアピールした一方で、サイバートラックの生産がいつごろできるのかの質問に対しては、具体的な回答は避けていました。設計行為以上に、量産化がいかに難しいかについて毎回語りますが、今回もその一部のくだりがありました。

完全自動運転についても質問が出ていましたが、こちらも大きな進捗はコメントからは無かったように思います。今は特にベータ版を多くの人に使ってもらい、ビッグデータを積み重ね信頼性アップへ一進一退で取り組んでいる印象でした。

年初来もマイナスで、直近4か月はずっとヨコヨコの株価が継続していますが、今回の決算でEPSの向上も見せ、チップ供給不足が徐々に解決するなど、業界的にも上向く環境が整えば、さらに上を目指していくことを期待したいですね。今後も引き続きフォローしていきます。

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました