【21/6月期】ニオ ($NIO)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

NIO($NIO)の決算内容

決算サマリー

EPS:$-0.03(予想:$-0.11)
売上高:$1.31B(予想:$1.28B)
Q3ガイダンス:売上高 $1.38~1.49B(予想:$1.38B)

売上推移(RMBベース)

売上成長率(対前年同期比、対前期比)

粗利率推移

営業利益率推移

最新バランスシート

William Li CEOコメント

サマリーコメント

2021年Q2、NIOは21896台のES8、ES6、EC6を納入した。これ新記録で、前年同期比+111.9%の大幅な増加となった。7月のNIOの納車台数は7,931台で、昨年比+124.5%の好調な伸びを示した。3モデルともプレミアムSUV市場で堅調な業績を達成している。

中国乗用車協会が発表したデータによると、2021年上半期、中国におけるバッテリー電気自動車の普及率は8.4%に達している。中国のTier1およびTier2の都市におけるNIOの普及率は、はるかに速いペースで成長している。上海では、今年上半期、プレミアムSUVセグメントにおけるNIOの普及率は、ICEと電気自動車を合わせて13.7%に達した。毎月の受注量は増え続けているが、納品量はサプライチェーンの全体的な能力によって決定する。Q3の納入台数は、2万3,000台から2万5,000台の間にと想定している。

売上総利益率

車両の売上総利益率が20.3%、全体の売上総利益率が18.6%。

新製品計画

5月にET7の最初の生産ラインから出て以来、車両の機能、性能に関する一連の厳しいテストを開始した。来年、ET7を予定通り納入できることを確信している。一方、次世代の新世代自動運転システムであるNADの開発も順調。NADが最高の自動運転の体験を提供する。

2022年には、ET7を含めて、新たに3つの新製品を提供する予定だ。我々のチームは、新製品の開発を全力で推進している。

一方で、現行の3モデルの競争力を強化するために、NIOテクノロジープラットフォーム1.0の最適化とアップグレードも自信を持って進めていく。8月下旬には「NIO OS 3.0」をリリースし、UIデザインの刷新、新機能の追加、既存機能のさらなる最適化などを行う予定だ。

チップ不足について(生産関連)

半導体の供給が不安定になったにもかかわらず、チームやパートナーの共同努力により、当期の生産と納入は期待通りの結果となった。7月以降、COVID-19のパンデミックや異常気象により、世界のサプライチェーンに一連の課題が発生している。直近では、中国の一部の地域でCOVID事態が発生し、すでに生産に影響が出ている。第3四半期の生産および納品への影響を最小限にするため、引き続きサプライチェーンパートナーと緊密に協力していく。

販売・サービスネットワーク

現在、中国の128都市で25のNIOハウスと243のNIOスペースを展開している。しかし、引き続きNIOハウスとNIOスペースを展開し、オペレーションの効率と品質を向上させ、販売網のカバレッジを拡大することで、Tier2およびTier3都市でのプレゼンスを早期に確立していきたい。現在のところ、133都市に36の新しいサービスセンターと171の認定サービスセンターを設置している。急速に高まるユーザーのサービス需要に応えるため、サービスセンターの数をさらに増やしていく。

バッテリースワップ/充電ステーション

これまでに、103都市で361のスワップステーションを展開し、300万回以上のバッテリー交換をユーザーに提供してきた。7月には、NIOパワーの2025年までのバッテリー交換ステーション展開計画を発表した。2021年末までにバッテリースワップステーションの総数を700以上、2025年末までに全世界で4,000以上に増やす予定だ。
電のネットワークも拡大している。現在、私たちは中国国内に238カ所以上の充電ステーションと2,416カ所のデスティネーション充電器を設置。充電・交換ネットワークの展開が加速し、高速化への理解が深まったことで、より多くの人々がバッテリー交換や高速化のメリットを真に体験し、認識することができるようになり、より多くのユーザーがBattery as a Serviceを選択するようになった。

ノルウェー市場計画

グローバル市場の最前線では、ノルウェー市場への参入が計画通りに進んでいる。ES8の最初のバッチは出荷され、8月中旬または下旬にノルウェーに到着する予定で、9月の予約・配送に備えている。9月以降、NIO Apps、NIO Life、NIO House、NIO Powerの充電・交換・アップグレードが可能なサービスシステム、NIOサービスセンター、配送センターがノルウェーのユーザーに順次提供される。

最後に

2021年は、NIOにとって、長期的な発展のための強固な基盤を築く重要な年だ。2021年後半に向けて、新製品やフルスタック技術の開発を加速させ、充電・交換ネットワークや販売・サービスネットワークを強化し、2022年の3つの新モデルの提供に向けて万全の体制を整えていきたいと思う。

主な質疑応答

アナリスト「2022年に予定されている2つのニューモデルについて、もう少し詳しく教えてほしい。」

CEO
「NIOテクノロジー2.0がまずET7に適用される。現在、ET7の開発は順調に進んでおり、課題は非常に大きいものの、ET7は来年の納期に間に合わせることができると確信している。他の2つの製品については、より適切な時期に詳しい情報をお伝えしたほうがよいと思う。」

アナリスト
「在、中国やマレーシアなどの海外でのパンデミックを考慮すると、特に部品供給能力に関して、生産にどのような影響があると予想しているか?」

CEO
「 パンデミックの状況は、グローバルなサプライチェーンに影響を与えている。冒頭のコメントで、最近中国の特定の地域で起こったCOVIDの状況が生産に影響を与えていることについても言及した。具体的には、南京のハイリスクエリアにあるのパートナー企業があり、このパートナーはすでに生産を停止している。

南京からはいくつかの良いニュースも出ている。南京でのCOVID感染者はすでにゼロになったということなので、このパートナーができるだけ早く生産を再開できることを願っている。Q3の出荷量は、主にサプライチェーンの全体的なキャパシティによって決まる。そのため、様々な課題に対処する必要があると考える。

マレーシアのパンデミックについては、基本的には当社への影響はそれほど大きくなく、コントロールされるべきだと考えている。もうひとつの状況は、ドイツでの洪水。ドイツの異常気象で工場が浸水したため、当社のパートナーも洪水の影響を受けており、他のパートナーも当社と協力して解決策を検討中。Q3の出荷量は、サプライチェーン全体のキャパシティによって抑制されると考えている。」

アナリスト
「Q3ガイダンスでは、ノルウェーでの出荷台数は何台になると予想しているか?」

CEO
「ノルウェーでの販売については、ブランド構築、販売・サービスネットワークの拡大により、ノルウェー市場での高いユーザー満足度を確保することがすべての優先事項であるため、今年はそれほど大きな貢献にはならないと考えている。世界市場では、長期的な視野に立って取り組むことがより重要だと考えているので、皆様にはご理解いただきたい。ノルウェーのユーザー諮問委員会から得られたフィードバックによると、皆さんはバッテリー交換ステーションとBattery as a Serviceのビジネスモデルにかなり期待しているようだ。」

アナリスト
「数字にも関連しますが、貸借対照表の現金、現金同等物、短期投資を見てほしい。このバランスシート上の現金を利用した設備投資戦略について、ご説明いただきたい。」

CEO
「キャッシュバランスについては、ご指摘の通り、第2四半期末の現金残高は480億人民元。先ほど申し上げたように、新製品技術の研究開発に引き続き注力していく。その他の用途としては、今後数年間、新工場や新しい販売・マーケティングネットワークのインフラなど、設備投資を増やしていきたいと考えている。このように、今後数年間は当社の事業計画に沿ったものになるだろう。今年の設備投資総額は50億元になると予想している。これには新工場、サービス・販売網、変電所などが含まれる。」

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました