【$CRWD】クラウドストライク_直近のNews記事まとめ

企業分析

<4/22>Goldman Sachsが$CRWDをUpgrade 1➡5

クラウドネイティブのサイバーセキュリティ企業であるCrowdStrikeは、2020年1月から2021年12月の間に株価が258%上昇し、パンデミックの寵児として著名だった。しかし、11月に史上最高値を記録して以来、株価は30%以上暴落している。

急落にもかかわらず、CrowdStrikeはウォール街のアナリストによる多くのアップグレードの恩恵を受けている。ウォール街の予測はどこから来ているのか、そしてそれがこの銘柄にとって何を意味するのかを見てみよう。

木を見て森を見ずではいけない
投資銀行のゴールドマン・サックス(NYSE: GS)は、投資家向けのリサーチノートの中で、サイバーセキュリティ業界全体に対するいくつかの追い風を強調しました。Goldmanは特に、CrowdStrikeがこれらの利点から利益を得るための「スイートスポット」に位置していると呼びました。最終的に、投資会社はCrowdStrikeの株を中立から買いへと格上げし、1株あたりの目標株価を241ドルから285ドルへと引き上げました。

ゴールドマンは、あらゆる規模の企業でサイバーセキュリティ対策への需要が高まっていることを指摘した。リモートワークがより標準的になるにつれ、会社支給のノートパソコンや携帯電話はますます脆弱になるだろう。その結果、サイバーセキュリティの世界では「エンドポイント」と呼ばれるこれらの機器は、必然的により高度なサイバー脅威に直面することになる。情報技術(IT)のリーダーたちは、オンプレミスのネットワークソリューションだけでなく、CrowdStrikeのようなクラウドベースのプロトコルに焦点を当て始めているのです。

CrowdStrikeの経営陣は、投資家向けの最近のプレゼンテーションで、このパラダイムを定量化しようと試みました。調査会社IDCによると、クラウドITへの支出は2023年までに2170億ドルを超えると予想されています。特に興味深いのは、同じIDCの調査によると、現在のクラウドセキュリティへの投資は約20億ドルで、市場全体の1%に過ぎないということです。しかし、IDCは、企業はIT予算の5%から10%をセキュリティに割り当てるべきであると見積もっています。このような投資不足は、CrowdStrikeの成長の起爆剤となり、CrowdStrikeとその競合他社にさらなる収益をもたらす可能性があります。

<4/20> Buy and Holdできるサイバーセキュリティ株

3 Cybersecurity Stocks You Can Buy and Hold for the Next Decade | The Motley Fool
Cybersecurity is an industry ripe with investment opportunities.

1.CrowdStrike(クラウドストライク
CrowdStrikeは、クラウドベースのFalconプラットフォームにより、ノートパソコンやモバイルデバイスなどのネットワークエンドポイントを保護します。このソフトウェアは、個人所有のデバイスにインストールされているアンチウイルスソフトウェアをさらに進化させたものである。より強力なのは、人工知能を活用してすべてのクライアントのデータを一括して分析し、侵入を未然に防ぐ脅威グラフだ。

このソリューションは、フォーチュン100社のうち65社、米国の銀行上位20行のうち15行など、推定35%の市場浸透率を誇る大口顧客(従業員数7,500人以上の企業)の獲得に成功した。また、中堅企業での普及率はわずか3%、公共部門や小規模企業では1%未満であり、CrowdStrikeは広大な成長の余地を秘めています。

自信に満ちた経営陣、強力なキャッシュフロー、そしてまだ獲得していない大規模な顧客ベースを持つCrowdStrikeは、私のサイバーセキュリティのトップピックです。

<4/19> 今買うべき三つのCybersecurity株

3 Cybersecurity Stocks to Consider Now
In late March, U.S. President Joe Biden advised companies to strengthen their cybersecurity, citing “evolving intelligence” suggesting that Russia is “exploring...

サイバーセキュリティのリーディングカンパニーであるCrowdStrike Holdingsは、クラウドネイティブのFalconプラットフォームが広く受け入れられたことにより、長年にわたって急成長を遂げてきました。有機的成長と戦略的買収により、同社のサブスクリプション顧客数は2022年度(2022年1月期)に前年比65%増の16,325社に拡大しました。

3月初め、クラウドストライクは2022年度第4四半期の業績が好調で、売上高は63%増の4億3100万ドル、年間経常収益は65%増の17億3000万ドルに達したと発表しました。さらに、同四半期には1,638の純新規サブスクリプション顧客を追加しました。全体として、堅調なトップラインの成長と調整後営業利益率の拡大により、第4四半期の調整後EPSは30セントに上昇しました。

2023年度の見通しとして、クラウドストライクは、売上高を2022年度の14億5000万ドルに対し21億3300万ドルから21億6300万ドルの範囲、調整後EPSを2022年度の0.67ドルに対し1.03ドルから1.13ドルの間で予想しています。

第4四半期の業績と明るいガイダンスに対して、NeedhamのアナリストであるAlex Hendersonは、「CrowdStrikeは、単なるエンドポイント検出・対応製品ではなく、多くの隣接分野にまたがる強固で広範な統合セキュリティ機能を提供できる、拡張性と弾力性に富んだクラウドプラットフォームであることを証明しました」とコメントしています。

Hendersonは、CrowdStrikeの長期的な可能性に自信を持っており、今後数年間は50%以上、長期的には30%以上の成長を実現する可能性があると考えています。また、同社の営業利益率は今後3年から5年の間に20%から30%に達するだろうと考えています。

その結果、HendersonはCrowdStrikeの株価を「買い」とし、目標株価を340ドルに再決定しました。

売上、粗利、営業利益、純利益、株式発行数、EPS

CrowdStrike Holdings, Inc. | 米国株投資掲示板
米国株の投資に役立つブログ、ツイッター、YouTubeなどを調べられます。米国株へ投資を検討している方、ブログやおすすめ銘柄を探したい方、企業のビジネスや株価、配当、チャートなどの他、ETFやインデックス投資に関する記事もあります。
CRWD_revenue-grossProfit-operatingIncome-netIncome-sharesDiluted-quarterEps_20180430-20220131.png

最新の株価

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました