【22/3月期】インモード($INMD)決算発表。縦長画像まとめ

企業分析

INMODE($INMD)の決算内容

決算サマリー

$INMD InMode FY22 Q1

〇EPS: $0.40 vs $0.38
〇売上高: $85.9M(+31%) vs $83M

ガイダンスFY22
✖EPS: $2.06~2.11 vs $2.09
✖売上高: $415M~425M vs $421M

縦長決算まとめ

決算まとめ 本文

InModeの最高技術責任者(CTO)兼共同創業者のマイケル・クリンデル博士は、「第1四半期に直面したあらゆる課題にもかかわらず、当社は既存の美容プラットフォームの新機能を開発し、新しいプラットフォームを構築し、女性向け健康食品や耳鼻科、EDなど当社のすべての新カテゴリーに研究開発資源を配分し続けています」とコメントしています。

InMode North Americaの社長であるShakil Lakhaniは、「消耗品の売上は記録的な数字となり、当社のプラットフォームの利用率と需要が高まっていることを強く示しています。さらに、対面式イベントがCovid導入前の水準に戻ったことで、医療関係者の関心が高まり、より多くの聴衆を惹きつけることに成功しました。当社製品への需要は全体として楽観的であり、北米事業は今後も成長を続け、InModeの収益の柱となると予想しています。これまでも、そしてこれからも、目標達成のために様々な地域で戦略的に販売代理店を雇用していきます。”

InModeの最高医学責任者であるSpero Theodorou博士は、「革新的なEmpowerRFプラットフォームで女性の健康市場にプレゼンスを拡大する中で、InModeの信頼性を高め、この市場のリーダーになることを目指す我々の拡大を後押しする好評の声を受け取り続けています」と述べています。

2022年第1四半期決算

2022年第1四半期の総収益は8,590万ドルに達し、2021年第1四半期と比較して31%増加しました。

最高財務責任者のヤイア・マルカは、「第1四半期も引き続き当社の消耗品に対する需要が増加し、特に米国で好調でした」と述べています。”さらに、国際市場でも拡大し、米国外の売上は前年同期比51%増となりました。”

「これは、低侵襲治療を求める患者数が増加したことと、当社のインストールベースが拡大したことによるものです。これは、当社のプラットフォームがより頻繁に使用されていることを強く示しています。また、グローバルなサプライチェーンにおける大きな課題にもかかわらず、83%の利益率を達成することができ、引き続き健全な売上総利益率を実証しています。以前にも述べたように、当社の革新的なプラットフォームによって、84%~86%という長期的な売上総利益率の目標モデルを支えることができると考えています」とYair Malcaは締めくくりました。

米国外の売上は38%を占め、カナダ、欧州、中南米が当社の成長に大きく貢献しました。

2022年第1四半期のGAAPベースの粗利益率は83%で、2021年第1四半期の粗利益率は85%でした。*2022年度第1四半期の非GAAPベースの売上総利益率は83%、2021年度第1四半期の売上総利益率は85%でした。この減少は、主に、InModeが代理店を通じて事業を展開している国々を中心とした海外市場における売上高の増加、収益構成における消耗品の売上高の増加、及び運賃の上昇とサプライチェーンに関する問題によるものです。

2022年及び2021年第1四半期のGAAPベースの営業利益率は、同じく41%でした。*2022年第1四半期の非GAAPベースの営業利益率は、2021年第1四半期の営業利益率45%に対し、44%でした。非GAAPベースの営業利益率の減少は、主に売上総利益率の変動に起因しています。

最新の株価

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました