スポンサーリンク

利上げ観測が強まったCPIについて

スポンサーリンク
企業分析
スポンサーリンク
スポンサーリンク

CPI詳細

CPI速報値

CPI commodities vs Service

モノのコストは下がってきているが、サービスは下落が見えない

米国のインフレ率は予想を上回り、FRBの大幅な利上げの可能性が強まる

米国の消費者物価は先月上昇し、景気後退への期待を裏切り、米連邦準備制度理事会(FRB)による歴史的な大幅利上げを再び確実なものにしたようだ。

火曜日に発表された労働省のデータによると、消費者物価指数は前月と変わらず、7月から0.1%上昇した。前年同月比では8.3%の上昇と、ガソリン価格の下落が主な原因となって、やや減速した。

消費者物価指数(コア)は、変動の大きい食品とエネルギーを除いたもので、7月より0.6%、1年前より6.3%上昇し、年間ベースでは6ヵ月ぶりに加速した。すべての指標は予測を上回った。シェルター、食品、医療が物価上昇に最も大きく貢献した。

インフレの加速は、ガソリン代が多少軽減されたにもかかわらず、米国人の生活費が頑強に高いことを示唆している。物価上昇圧力は依然として歴史的に高く、広範囲に及んでおり、FRBのインフレ目標に向けた前途は長いと指摘する。

パウエル議長は先週、中央銀行は物価安定のために「率直に」行動すると述べ、一部の政策担当者は75ベーシスポイントの追加利上げを支持する声を上げた。当局者は、来週の決定は手持ちの経済データの「全体」に基づくと述べており、労働市場の好調と個人消費の弱含みも示している。

国債利回りは急上昇し、S&P 500種指数は下落して始まり、ドルは上昇した。トレーダーはFRBが4分の3ポイント利上げするとのベットを増やし、現在そのような結果は確定的と見ている。

ウェルズ・ファーゴのチーフエコノミスト、ジェイ・ブライソン氏はブルームバーグ・テレビで、来週の連邦公開市場委員会で「75に疑問があるとすれば、彼らは間違いなく75にする」と語った。「11月には50に戻されると思っていた。現時点では、11月の75は間違いなくテーブルの上にあると言えるでしょう」。

食費は前年比11.4%増で、1979年以降で最も上昇した。電気代は2021年から15.8%上昇し、1981年以降で最も高くなった。一方、ガソリン価格は8月に10.6%下落し、月間では2年以上ぶりの大きな下げ幅となった。

シェルターコスト–最大のサービス構成要素であり、CPI指数全体の約3分の1を占める–は上昇を続けている。全体のシェルターコストは7月から0.7%、1年前からは6.2%上昇し、いずれも1990年代初頭以来の高水準となった。

高インフレが続くことで、ジョー・バイデン大統領の支持率は低下し、11月の中間選挙で民主党が議会で僅差の過半数を維持する可能性を脅かしている。

バイデン氏は、火曜日以降にホワイトハウスで行われる式典で、「インフレ抑制法」と名付けられた気候、エネルギー、医療に関する大規模な新法を宣伝しながら、自身と仲間の民主党議員が経済をより強固なものに戻す手助けをしたと主張する予定である。

食品とエネルギーを除いた商品コストは前月比0.5%増、エネルギーを除いたサービスコストは同0.6%増となった。エコノミストは、需要の高まりにより消費者が旅行や娯楽に支出をシフトさせるため、商品価格は冷え込むと予想していますが、両者は依然として高止まりしています。

中古車価格は2ヶ月連続の下落。航空運賃も、燃料価格の下落が原因であろう。

キャティー・ウッドの逆張りデフレ・コール

ウォール街で最も声高にデフレを主張するキャッシー・ウッドは、物価上昇圧力が驚きをもって継続する中で、数人の著名な支持者を獲得している。

ジェフリー・ガンドラックとイーロン・マスクは最近ウッド氏の陣営に加わり、連邦準備制度が行き過ぎるかもしれないと懸念し、物価の下落を訴えている。いわゆる債券王は火曜日、デフレリスクを警告し、投資家に長期国債を購入するよう促した。一方、テスラCEOは商品価格の下落を「微妙でも秘密でもない」と呼び、1億人のフォロワーに向けて “FRBの大幅な利上げはデフレを招く危険がある “とツイートしている。

ウッド氏は火曜日の投資家向けウェブ放送で、ガンドラック氏とマスク氏を名指しして、「我々は今、このデフレ・リスクについて大きな声を持っている」と述べた。

ウッド氏は昨年から、破壊的イノベーションが陳腐化した商品の価格を押し下げ、人工知能が生産コストの削減に貢献するという信念のもと、デフレについて警告を発してきた。彼女が見ている多くの先行指標は、インフレではなくデフレの力を指しているため、彼女は今、その呼びかけを倍増している。

Ark InvestのCEOは、伝統的にインフレヘッジとされてきた金は、2年以上前にピークを迎えたと指摘する。木材、銅、鉄鉱石、石油など他の商品も高値から2桁の下落を記録している。彼女は、インフレはパンデミック時の一時的なサプライチェーンの混乱によって引き起こされるため、70年代よりも悲惨ではないことを強調した。

市場は、中央銀行が来週少なくとも0.75%ポイント基準金利を引き上げることに賭けており、そうなればFF金利は2007年初め以来の高水準となる。FRBは今年に入ってから4回、合計2.25%の金利引き上げを行っている。

テスラのマスク氏は、水曜日のウッド氏とのツイッターのスレッドに、中央銀行は “0.25%下げるべき “と回答している。ガンドラック氏は、FRBはジャンボな利上げで経済をオーバーステアにする可能性があるため、25ベーシスポイントだけ引き上げるべきだと述べた。さらに、中央銀行はこれまでの利上げがすでにどのような影響を及ぼしているかを確認するための休止を十分にしていないと付け加えた。

「今日のシナリオは正反対であるにもかかわらず、デフレリスクは過去2年間よりもはるかに高い」と、ガンドラック氏は火曜日のFuture Proof FestivaIで語った。「来月の話ではない。来年末のいつかのことだ、2023年に間違いない。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました