スポンサーリンク

【$LAC】Lithium Americas Corp(リチウムアメリカ)_投資の参考にしたい記事まとめ

スポンサーリンク
企業分析
スポンサーリンク
https://www.lithiumamericas.com/_resources/presentations/corporate-presentation.pdf?v=0.238
スポンサーリンク

<9/17>投資すべきEV素材関連株10選

米国と欧州連合が今後数十年の間に燃焼式エンジンを廃止する計画を打ち出しているため、電気自動車の販売が世界中で急増している。市場コンサルタントAlixPartnersのレポートによると、ほとんどの主要市場で電気自動車の需要が加速している。2028年までに、電気自動車の販売台数は全世界の自動車販売台数の33%を占めるようになると、同コンサルティング会社は予想している。この数字はさらに上昇し、2035年には自動車販売台数全体の54%以上に達する可能性があると、同コンサルティング会社は予測。

これらの予測に比べ、2021年と2022年の最初の数カ月間の世界の自動車販売におけるEVのシェアは、はるかに圧倒的なものではない。2022年第1四半期の自動車販売台数に占めるEVの割合はわずか10%、2021年を通じての自動車販売台数は8%である。EVの需要が高まる中、同社は、2022年から2026年の間に、EVメーカーと補完産業がEVとバッテリーに5260億ドル以上を注ぎ込むと予測している。これは、2020~2024年の前回予想(2340億ドル)の2倍以上となる。

このEVブームの恩恵を受けると予想される上位銘柄には、Tesla, Inc. (NASDAQ:TSLA), Taiwan Semiconductor Manufacturing Company Limited (NYSE:TSM), Freeport-McMoRan Inc. (NYSE:FCX) などが含まれる。これらの企業に加えて、ニッケル、コバルト、銅など、電気自動車の製造に必要な原材料を供給する企業もいくつかあり、消費者の内燃エンジンからの移行に伴い、その製品の大きな需要が見込まれる。

調査方法

EV材料分野で事業を展開し、今後成長するカタリストを持つ企業をリストアップした。2022年第2四半期にインサイダーモンキーが追跡した約900のエリートヘッジファンドのデータを使用し、各企業に出資しているヘッジファンドの数を特定した。

リチウム・アメリカズ社(NYSE:LAC)は、米国とアルゼンチンで資源会社として事業を展開しています。今年初め、同社は、アルゼンチンと米国におけるリチウム事業の分離を検討していると発表した。同社のCEOであるJonathan Evansは、この分離により、専念した戦略的目標を加速させ、財務の柔軟性を高めることができると述べています。米国を拠点とする会社は、ネバダ州のサッカー・パス・リチウム・プロジェクトの開発に焦点を当てた公開会社となる。 

7月22日、投資顧問会社Canaccordは、Lithium Americas Corp. (NYSE:LAC) の株式を投機的買い付けに据え置き、目標株価を49カナダドルから50カナダドルに引き下げた。アナリストのKatie Lachapelle氏がレーティングの更新を行った。 

インサイダー・モンキーが追跡しているヘッジファンドの中で、シンガポールの投資会社ハイメンション・キャピタルはリチウム・アメリカズ・コープ(NYSE:LAC)の主要株主で、330万株、6690万ドル以上の価値を持っている。 

資産運用会社のMassif Capitalは2021年第1四半期の投資家向けレターで、いくつかの銘柄を取り上げ、Lithium Americas Corp.(NYSE:LAC)はその一つだった。以下は、同ファンドの内容である。

<9/7>8月に急騰した後止まらないLAC

内容を入リチウムの価格は、ここ数ヶ月、需要と供給のアンバランスから急騰した。
リチウム不足はもっと長く続く可能性があり、Lithium Americasはこの機会を最大限に活用したいと考える。

何が起きたか

S&P Global Market Intelligenceのデータによると、リチウム・アメリカズ(LAC -6.13%)の株価は7月に急反発し、その勢いは8月まで続き、1ヶ月で15.7%の上昇となった。このリチウム鉱山会社の株価は、7月から8月にかけて42%上昇したのである。これが商品株の乱高下である。

リチウム・アメリカズはまだ生産を開始していない。しかし、投資家がリチウム株に大金を注ぎ込んでいるにもかかわらず、リチウム・アメリカズの人気が高いのには理由があり、この記事を書いている9月の時点で、株価はさらに9%上昇している。

その理由とは

リチウムアメリカス株は、リチウムブームと初収益への道という2つの点で投資家の注目を浴びている。

Trading Economicsのデータによると、炭酸リチウムの価格は8月に上昇し、3月につけた過去最高値に迫る勢いだ。

電気自動車(EV)販売ブームが需要を牽引する一方で、ロシアとウクライナの戦争、中国の干ばつによる電力危機でリチウムメーカーが操業停止に追い込まれ、リチウムの供給が滞っているのだ。

ちょうど今週、ピードモント・リチウムのキース・フィリップスCEOはYahoo!ファイナンスのインタビューで、2030年までにEVのシェアを新車販売台数の50%に引き上げるというバイデン政権の目標を達成するには、世界に十分なリチウムがないと警告している。現在、ほとんどのEVはリチウムイオン電池で動いている。

リチウムアメリカスは、アルゼンチンのカウチャリ・オラロズ鉱山を生産開始に向けて前進させ、EVブームに乗ろうとしている。同社が44.8%、中国の甘峰リチウムが46.7%、アルゼンチンのJujuy Energía y Minería Sociedad del Estado(JEMSE)が8.5%の株式を所有している。7月28日現在、Lithium Americasは鉱山の建設を90%完了し、2023年までに初期段階の生産を見込んでいる。また、同社はアルゼンチンにも開発途上の鉱山を保有している。

一方、リチウム・アメリカズは、米国のサッカー・パス・プロジェクトで今年中に初期建設工事を開始する予定だ。同鉱山は米国最大のリチウム資源を有することで知られていますが、ここ数年、法的なハードルに悩まされている。

リチウム価格が過去最高値を更新している時に、リチウムアメリカスの生産が近づいたのですから、株価が上昇するのも当然だ。

投資家の注目を集めたのは、他にもある。リチウムアメリカスは米国とアルゼンチンの事業を分離する計画を立てており、アルゼンチンの生産が進んでいることから、より大きな価値を引き出すことができると投資家は考えている。

9月に入り、チリでは、鉱山会社への新たなロイヤリティと課税を検討し、リチウムセクターの成長を加速させると懸念された新憲法案が否決され、リチウム・アメリカズを含むリチウム株への懸念が解消された。S&P Global Market Intelligenceによると、チリは世界で2番目にリチウムの埋蔵量が多い国である。

この業界とリチウムアメリカス社には多くの出来事があり、この株式に対する投資家の関心はすぐに衰えることはないだろう。

<8/15>Jim Cramerは弱気だが買うべき銘柄

Lithium Americas Corp.(NYSE:LAC)は資源会社として活動している。クレイマー氏は8月10日に行われた番組のライティング・ラウンドで、この銘柄に弱気な発言をした。同銘柄に対する見解を問う視聴者からの質問に対し、クレイマー氏は「永遠のマネーロス」になっている銘柄だけを推奨するわけにはいかないと強調した。テスラのオーナー、イーロン・マスクがリチウム事業を「お金を刷るライセンス」と呼んだことで、この数日、株価は上昇した。電池にリチウムを必要とするEVの増産は、長期的にはこの銘柄の重要な成長触媒となる。

7月6日、投資顧問のドイツ銀行はリチウム・アメリカズ・コープ(NYSE:LAC)株の格付けを「買い」に据え置き、目標株価を36ドルから33ドルに引き下げた。 アナリストのコリン・ブランチャードが格付け更新を発表した。 

インサイダー・モンキーが追跡しているヘッジファンドのうち、シンガポールの投資会社ヒメション・キャピタルは、リチウム・アメリカズ・コープ(NYSE:LAC)の主要株主で、330万株、6600万ドル以上の価値があるという。 

Dr.レモンさんのリチウム記事(前編、後編、実践編)

必読です↓

【リチウム関連投資の裏側-前編】
世界的なEV化を根本から理解する
【リチウム関連投資の裏側-後編】
リチウム争奪戦とバッテリー開発競争
【リチウム関連投資の裏側-実践編】
結局どの銘柄に投資すれば良いのか。

生産開始に向けて動き出した現場(アルゼンチン)

投資家向けプレゼン資料(9月更新)

https://www.lithiumamericas.com/_resources/presentations/corporate-presentation.pdf?v=0.238

最新の株価

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました