スポンサーリンク

【22/9月期】ナイキ($NKE)決算発表まとめ。在庫過多の要因が参考になりました。

スポンサーリンク
企業分析
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ナイキ($NKE)の決算内容

決算サマリー

決算まとめ 本文

当四半期の売上高は、北米、EMEA、APLAの各地域で2桁成長を達成し、報告ベースで4%、為替レートを考慮しないベースで10%の成長した。

在庫過多により利益率の悪化懸念

私たちは、破壊的な状況が続く事業環境を注意深く見守っている。そこで、1Qの業績についてお話しする前に、私たちが目にしている最新の変化と、長期的な事業運営のためにとっている施策について、より深く掘り下げて説明させていただきたい。

消費者の旺盛な需要と予測困難な納期を背景とした小売業者の早期発注により、消費財全般で在庫水準が高まった。その後、輸送時間は急速に改善され、さらなる改善の兆しが見えてきた。

同時に、消費者はより大きな経済の不確実性に直面しており、市場全体における販促活動は、特にアパ レルにおいて加速している状況だ。その結果、私たちは新たな複雑さに直面することになった。ナイキ、ジョーダン、コンバースに対する需要は、消費者の好意的な反応と、新鮮な季節の品揃えや主要な商品フランチャイズに対する高い正価実現により、他に類を見ないほど堅調に推移している。

9 月の小売売上高は、新学期商戦の好調を受け、前年同月比で 2 桁増となった。しかし、北米の在庫は前年同期比で 65%増加し、輸送中の在庫は約 85%増加した。

これは、過去2シーズンの納期遅れと、予定より早く到着することになった年末年始の注文、およびベトナムとインドネシアの工場閉鎖の影響を受けた前年の状況を反映したものだ。その結果、主にアパレルを中心に、季節的に遅れている製品の特定のポケットに焦点をあて、余剰在庫を解消するための断固とした措置をとっている。

今期は売上総利益率に一過性の影響を与えることが予想されるが、このコストは、消費者のために季節に合った商品、ストーリーテリング、小売体験を提供する市場のキャパシティを確保するという利点にはるかにまさるものであると信じている繰り返すが、これがNIKEが逆境に対応する方法だ。私たちは適応し、競争し、前進を加速させる。

中国の状況

グレーターチャイナの業績についてご説明したい。Q1の売上高は為替変動に関係なく13%減少し、EBITは報告ベースで23%減少した。NIKE Directは為替変動に関係なく2%減少し、NIKE Digitalは5%減少した。COVIDに関連する混乱は、店舗運営や小売店のトラフィックに大きな影響を与えたが、積極的な需給調整を続けているため、業績と在庫管理は計画より早く進んでいる。

ブランドの強さは当社の競争力であり、NIKEは中国の消費者のお気に入りブランド第1位と第1位の座を占め、チーム内でのリードをさらに広げている。製品の革新性は、Alphafly Next% 2、Pegasus 39、G.T. Cut 2、その他のパフォーマンス製品の好調な売れ行きによって、引き続き重要な差別化要因となった。

COVIDに関連する混乱が続いているため、中国では短期的には慎重な姿勢で臨んでいる。しかし、当社のブランドと事業の勢いは、ナイキ独自の価値提案が中華圏での長期的な成長を促進するとの確信を深めている。

23年度の業績見通しについて

現時点では、当社のブランドに対する消費者の需要は各地域で堅調に推移している。私たちは、消費者信頼感や消費行動、ひいては高インフレが消費者需要に与える影響に注視している。

これまでもこのようなサイクルを乗り越えてきたが、今は攻めの姿勢を崩さず、財務の強みを活かして健全なプルマーケットへの早期復帰を優先すべき時期であることを理解している。このような環境では、強いブランドがペースをつかみ、NIKEはさらに強くなると確信している。私たちは、不確実なマクロの見通しに対して慎重なアプローチをとりながら、コントロールできることに重点を置いている。

そのため、下期の買い付けを強化し、Q2から余剰在庫の整理をより積極的に行い、戦略的パートナーとNIKE Directに新製品を集中的に供給していく予定だ。為替による逆風も、ドル高傾向が加速しているため、この90日間で大きく変化している。

感想

NIKEの決算ですが、北米の在庫増の要因の説明が参考になりました。昨年度のインドネシアとベトナムのロックダウンによる昨年の工場の閉鎖+Covidによるトランジットタイムの増加➡パニックオーダーによる受注の増加➡サプライチェーンが麻痺。昨今のサプライチェーンの改善によってトランジットタイムも改善して、目先の需要の急減もあり、目の前の在庫が積みあがった格好と思います。

アパレルに限らず、昨今はトランジットタイムも短縮し、海上輸送費も大幅に改善しつつあります。気になるのがこれだけ小売りやアパレル、メーカーの在庫過多から価格下落が起きるといわれてながら、インフレが高止まりしている点ですね。

これから在庫処分でプロモーションを行うというのは、消費者にとってはプラスで、北米在住の方は楽しみですね。粗利率の悪化で株価は当面さえなそうですが、乗り越えて正常運転した時のNIKEの進化に期待したいです。

最新の株価

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました