スポンサーリンク

【$ZI】ズームインフォ_投資の参考にしたいNews記事まとめ

スポンサーリンク
企業分析
スポンサーリンク
スポンサーリンク

各調査会社から、業界リーダーに選出されている。

https://ir.zoominfo.com/static-files/11c656ee-480e-485b-b470-3530e63138fc

直近四半期で契約を獲得した企業

Snowflakeのデータプラットフォームとの連携が可能に

https://ir.zoominfo.com/static-files/11c656ee-480e-485b-b470-3530e63138fc

ZoomInfo、世界のビジネスコンタクトを2億3500万件以上に拡大<10/3>

現代的な市場参入ソフトウェア、データ、インテリジェンスのグローバルリーダーであるZoomInfo(NASDAQ:ZI)は本日、同社のグローバルコンタクトデータベースが、企業間取引(B2B)のプロフェッショナルプロフィールで2億3500万人を超え、米国外の市場におけるコンタクト1億4500万人を含む規模に拡大したことを発表した。

ZoomInfoの急速な拡大と、世界各地におけるデータの完全性とプライバシーコンプライアンスの確保に向けた大規模な投資により、企業は、ビジネスの場所を問わず、次の顧客をより効果的かつ自信を持って獲得できるようになった。

「ZoomInfoのデータエンジニアリング担当シニアディレクターであるKirti Patelは、「私たちは、拡張されたプライバシー準拠のB2Bデータに誇りを持っている。”お客様が特定の国でローカルなビジネスチャンスを探している場合でも、海外市場に進出する場合でも、ZoomInfoは、コンプライアンスを遵守しながら、詳細な深さと正確さを提供することができる” と述べている。

同社は、今年だけで約6000万人のプロフェッショナルプロファイルをRevOSプラットフォームに追加している。そのうちの3分の2以上が米国以外の国のプロファイルであり、英国、インド、カナダでの大幅な伸びを記録している。さらに、ZoomInfoは、現在、世界中の1億以上の企業に関する詳細かつ正確なデータを保有している。

ZoomInfoは、データ資産を責任を持って成長させることをコミットする。同社は、データの完全性を確保し、欧州連合の一般データ保護規則 (GDPR) などの国際的な規制や各国の政策に準拠するために、厳格な検証方法を適用している。

ZoomInfoは、自動化されたテクノロジーを活用して、連絡先や企業プロフィールのギャップを埋め、完全かつ最新の状態に保つ。この人工知能(A.I.)は、300人以上の研究者チームによって補完され、積極的にデータを収集し、検証している。これらの認証レイヤーには、データ対象者への電子メールによるプライバシー通知の送信や、徹底したマルチステッププロセスによる各データポイントの検証などが含まれている。

ZoomInfoの拡張されたグローバルデータへのアクセスにより、営業チームは、見込み客の購買委員会のメンバーがどこで働いていても、より効果的にアプローチできるようになり、マーケティングリーダーは、アカウントベースのマーケティングキャンペーンを特定の場所に合わせて調整することができるようになる。また、マーケティングリーダーは、アカウントベースのマーケティングキャンペーンを特定の場所に合わせて調整することができる。オペレーションチームは、TAM(total addressable market)に関する新しい戦略的洞察を得ることができ、人材獲得マネージャーは、国際的なポジションを埋めるために、より多くの候補者から選択することができる。

神経科学と人工知能を扱うDragonfly AIの営業部長であるHarry Hembrow氏は、「ヨーロッパとアメリカのどちらの市場を開拓する場合でも、ZoomInfoのデータは確かで信頼性が高く、当社の技術スタックにシームレスに統合される」と述べた。「私たちの当初の目標は、作業時間を短縮するような手作業ではなく、ダイヤルや接続の作成といった販売活動に焦点を当てたアウトバウンド機能を構築することだった。ZoomInfoのおかげで、まさにそれが実現し、新たなマイルストーンを達成し続けている。”

ZoomInfo Technologies (ZI)への投資を検討すべき理由<9/11>

資産運用会社バロンファンズは、「バロン・フィフス・アベニュー・グロース・ファンド」2022年第2四半期の投資家向けレターを発表した。Baron Fifth Avenue Growth Fund (以下「ファンド」) は、第2四半期に 30.6% (機関投資家株式) の損失を出し、ファンドのベンチマークである Russell 1000 Growth Index (“R1KG”) の 20.9% および S&P 500 Index (“SPX”) の 16.1% の損失と比較された。年初来では、ファンドのベンチマークの損失がそれぞれ28.1%、20.0%であるのに対し、ファンドは45.2%の損失を計上している。ファンドの上位5つのポジションをご覧になれば、2022年のベストピックを垣間見ることができる。

Baron Fifth Avenue Growth Fundは、2022年第2四半期の投資家向けレターで、ZoomInfo Technologies Inc.(NASDAQ:ZI)に言及し、同社に対する洞察を説明した。2019年に設立されたZoomInfo Technologies Inc.(NASDAQ:ZI)は、ワシントン州バンクーバーに拠点を置くソフトウェア企業で、時価総額は182億ドル(約1兆円)。ZoomInfo Technologies Inc.(NASDAQ:ZI)は年初から-29.58%のリターンを実現し、12ヶ月のリターンは-28.42%減少している。株価は2022年9月09日に1株当たり45.21ドルで終了した。

Baron Fifth Avenue Growth Fundが2022年第2四半期の投資家向けレターでZoomInfo Technologies Inc.(NASDAQ:ZI)について述べている内容は以下の通りだ。

ZoomInfo Technologies Inc.は、営業、マーケティング、人事チームに包括的なビジネスインテリジェンスを提供し、営業サイクルの短縮と高い勝率を可能にするクラウドベースのB2Bプラットフォームを運営している。当四半期の株価は、成長株への幅広い売り込みと、ZoomInfoの既存および今後のプライバシー規制への準拠を疑問視する短報により、44.4%の下落となった。

外部弁護士を含む当社の調査結果によると、当社は、現行のすべての法律を遵守しており、新たに制定される、あるいは申請中の個人情報保護法についても遵守する意思と可能性を持っていることに変わりはないと考えている。株価は調整されたが、四半期収益は前年同期比58%増(オーガニック成長は49%増)、調整後営業利益率は39%と、ファンダメンタルズは堅調に推移している。新製品は勢いを増しており、ZoomInfoが1000億ドルの市場規模に成長するにつれて、より大きな企業になれると信じている” と述べた。

ZoomInfo、企業データのカバー率を1億社以上に拡大<8/16>

最新のGo-to-Marketソフトウェア、データ、インテリジェンスのグローバルリーダーであるZoomInfo (NASDAQ: ZI) は本日、データ取得、機械学習、位置情報データマッチング技術強化への継続的投資により、過去1年間で企業カバー率が約3倍になり、1億以上の企業をすべての顧客に提供できるようになったことを発表した。

企業データは、企業が次の顧客を見つけ、効率的に収益を上げることを支援するZoomInfoのソフトウェアプラットフォームの基礎となる資産だ。ZoomInfoの強化されたデータパイプラインは、企業データの識別、マッチング、正規化に関する20以上の特許を基に、革新的なロケーションベースのマッチング技術を使用して、世界中の異なるビジネスや企業のロケーションに関するプロファイルを作成する

これらの技術革新により、ZoomInfoは、クリーニング店、アパレルブティック、レストランなど、オンライン上で確固たる存在感を示さないことが多い中小企業のカバー率を大幅に向上させた。

「ZoomInfoのデータエンジニアリング担当シニアディレクターであるKirti Patelは、次のように述べてる。「当社の強化されたデータパイプラインは、より多くの企業へのアクセスと、この新しい情報の正確さの保証という、両方の利点をもたらす。今回のデータ拡充により、お客様は、特にアクセスが困難な中小企業を中心とした膨大な市場機会にアクセスすることができる」と述べた。

これにより、ZoomInfoのお客様は、TAM(アドレス可能な市場全体)について、より幅広い可視性を得ることができる。

SalesOSを使用するチームは、理想的な顧客の特性に基づき、よりターゲットを絞った企業リストを作成し、より正確なセグメンテーションを行うことができる。

ZoomInfoのOperationsOSのユーザーは、マッチング率が向上し、より強固で正確な企業階層を構築することができる。

MarketingOSのユーザーは、キャンペーンを通じてより多くのオーディエンスにリーチし、Webサイトへのトラフィックをより多く特定できるようになる。また、TalentOSのお客様は、厳しい採用環境の中で、より多くの優秀な候補者を見つけることができるようになる。

ZoomInfoは、データベースに登録されている企業の100%について、売上高、従業員数、産業分類 (北米産業分類システム (NAICS) および標準産業分類 (SIC) を含む) を掲載するようになった。ZoomInfoは、非本社所在地を約2倍の3,500万件以上に拡大し、営業担当者がより幅広い地域で活動できるようサポートする。

売上、粗利、営業利益、純利益

最新の株価

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました