【保存版】サンフランシスコ・シリコンバレーのIT企業マップ。~出張、旅行、アテンドに役立つ情報まとめ~

雑記

はじめに

サンフランシスコ、シリコンバレー(サウスベイ)には、グロース株、ハイテクIT企業の本社が集結しています。ざっと地図上に本社の所在地をプロットしてみました。

出張や旅行で立ち寄る際、日本からの出張者、エグゼクティブのアテンドをしなくてはいけない時に役立つ情報についてまとめました。世界の最先端のテクノロジー企業が集結するエリアでおすすめのスポットや見どころについても紹介したいと思います。

大体の観光地は何度も行きましたし、ちょっと穴場で出張者受けが良かった場所についても紹介いたします。

サンフランシスコ・シリコンバレーのIT企業リスト、マップ

昨今のスタートアップ系の企業は特に左上のサンフランシスコ中心部のソーマ地区に集結しています。また、従来からのテック企業は、いわゆるシリコンバレー全般(サンマテオ~サンノゼエリア:下記マップ参照)に点在しているのが特徴です。

おそらく、グロース、ハイテク株へ集中投資をしている方からすれば、名だたるIT企業が集積するこのエリアは、企業名を見るだけで興奮するのではないでしょうか。私はこのマップをおかずに、ご飯をおかわりできるレベルです(笑)。

アップルの本社のビジターセンターではギフトショップなどが併設されていて、洗練された雰囲気を味わうことができます。グーグルの本社でもギフトショップがありますので、文房具などオリジナルグッズをお土産にするのも良いかもしれません。

冬は暖かく、夏はカラッと涼しい気候で、私は出張するたびにこの場所に住めたらなぁと毎回思っていました。ベイエリアならではの青い空に、出張でレンタカーしたFord Mustangでドライブしたのは最高の思い出の一つです。このような開放的な場所で、最先端のテクノロジーが生まれ、オープンなイノベーションが世界で巻き起こっているのだと実感することができました。

サンフランシスコ・シリコンバレーの見どころ

◆日本からの直行便
日本からは、サンフランシスコ空港、サンノゼ空港へ直行便が出ています。この空港間も車で40分ほどの距離にあり、このエリアがまさにIT企業が結集するシリコンバレー(サウスベイ)となります。

◆サンフランシスコ中心部
サンフランシスコ中心街では、ゴールデンゲートブリッジ、フィッシャーマンズワーフでシーフードを堪能したり、ロンバートストリート周辺でサンフランシスコの景色やケーブルカーに乗るなど一通り楽しめます。

◆スポーツ観戦、スタジアム見学
スポーツが好きな方がいれば、AT&Tパークでメジャー観戦、NFLアメフトであればリーバイススタジアムなど、アメリカならではの迫力あるスタジアムを見学するのもおすすめです。

◆ワイナリー
ナパバレーはサンフランシスコから3時間弱の場所にあるので、一日がかりになりますが、シリコンバレーの南の山岳地帯にも素晴らしいワイナリーが点在しています。一番おすすめなのは、Ridgeワイナリー。アップルの裏の山の頂上近くにあります。シリコンバレーを一望でき、ワインのレベルもピカ一なのでおススメです。予約が取れない場合は、Picchettiワイナリーも良いです。よりカジュアルで気軽にテイスティングができるのでバックアップに良いと思います。

HPガレージ
シリコンバレー発祥のHPガレージもオプションの一つに。スタンフォード大学出身のヒューレットさん、パッカードさんがこのガレージでオーディオ発振器を作ったのがシリコンバレーの始まりと言われています。この場所はシリコンバレー発祥の地として、カリフォルニア州から歴史建造物に指定されています。スタンフォード大学の近く、住宅街の中にひっそりと目立たない場所にあります。ITテクノロジー企業発祥の聖地巡礼におすすめです。

スタンフォード大学
グーグル創業者のラリーペイジなど、多くのテクノロジー企業の経営者を輩出しています。大学の観光は非常におススメです。キャンパス内に至るところにきれいな芝生の広場があり、スポーツ施設も充実しています。ここまで開放的な雰囲気の大学を見ると、Iテクノロジーのオープンイノベーションはこのような大学から起こるのだと実感させられます。

サンフランシスコ中心部のサードウェーブコーヒーショップで休憩

少し歩き疲れたら、サードウェーブコーヒーで一休みはいかがでしょうか。ブルーボトルコーヒーは日本進出を果たし有名ですが、ブルーボトルコーヒーに加えて、上の三つのコーヒーショップが四大サードウェーブコーヒーとして人気です。写真の上からサイトグラスコーヒーフォーバレルコーヒーリチュアルコーヒー。特におすすめなのはサイトグラスコーヒー、二階層の吹き抜けの作りになっていて、非常に開放的でオシャレすぎます。ここでPCを開いているだけで、意識高い系の人に早変わりです(笑)。

これらのコーヒーショップがあるソーマ地区には、特にソフトウェア系の企業が結集しています。

シリコンバレーでおすすめの2つのレストラン紹介

Madera
高級5つ星ホテルのRosewood Sand Hill Hotelの中にあるレストラン、Madera。ここは朝食、ディナーも最高級で雰囲気も抜群です。出張者をここに連れていくと、、150%以上の確率で、「ここは最高」という反応がありました。値段はそれなりにしますが、出張最終日の朝食ここで締めるのは良いチョイスでした。大事な会議などの後で、緊張が解けた方々をよくお連れしました。ちなみに、ディナーも最高においしいです。VIP用の個室もあるので、特別感を出したいディナーのセッティングにも最適です。

Sandanceステーキハウス
熟成肉のTボーンステーキ(ポーターハウス)はやはりニューヨークが本場ですが、ここは写真のプライムリブが有名です。弱火でじっくり中に火を通した、ジューシーで柔らかいステーキは、多くの人に愛されています。いつ行っても満員なので、予約必須です。何度か食べましたが、このプライムリブステーキの味は忘れられません。伝統的なアメリカのステーキハウスの雰囲気で良いですよ。ぜひ訪れてみてください。

サンフランシスコ・シリコンバレーでおすすめのハンバーガーショップ

◆インアンドアウトバーガー
これは定番中の定番のハンバーガーショップです。東海岸には展開していないので、西方面に行ったときはかならずインアウトでの昼食をスケジュールしていました。ここのハンバーガーは非常にシンプルで素材の味を生かしています。ポテトもその場でシュレッダーにかけるように細断し揚げています。さらに値段もリーズナブルで、下のセット(ソーダ込)で確か$7くらいだったかと記憶しています。

もう少し本格的なバーガーが食べたいときは、サンフランシスコならではのスーパーデューパーゴッツハンバーガーもお勧めです。こちらはハンバーガ‐単体で7ドルほどしますので、好みに合わせてトライしてみて下さい。

まとめ

グロース、ハイテク株の本社が結集するサンフランシスコ、シリコンバレーについて特集してみました。少し時間をかけて地図に企業の場所をマッピングしていきましたが、思っていた以上に有名なIT企業が集結していることを再確認しました。

サンフランシスコへ旅行に行く方、また出張訪れるビジネスマンの方に参考になる情報となれば幸いです。

オシャレで洗練されていて且つ開放的な雰囲気をぜひ自身の肌で感じて見てください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ツイッター、インスタグラムのフォローは以下からお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました