【21/3月期】 ナノックス・イメージング($NNOX)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

Nano-X Imaging Ltd($NNOX)の決算内容

決算サマリー

売上原価、販管費、研究開発費の推移

EPS(一株当たり利益)推移

最新バランスシート

製品導入に向けたタイムライン

シングルソースは予定通りFDA認可を取得しましたが、2021年中にマルチソースの承認、製品出荷が難しいことが判明し、株価下落の要因となりました。

投資家向けプレゼンテーション資料

https://investors.nanox.vision/static-files/3d876f49-a4d5-4cce-b9ff-8bfbad49e2b3

参考ツイート

ルーシーさんの参考になるツイートも紹介します↓。

CEOコメント

Nanox Cart X線装置のFDA 510(k)認可について

今回のFDAのシングルソースの認可は、当社にとって重要なマイルストーンとなった。これは、9年間の研究開発の成果であり、X線技術における非常に意味のあること。今回の認可は、当社が指定する商業用マルチソースシステムNanox.ARCに向けた重要な足がかりとなる。

Nanox.ARCは、当社独自のMEMsチップ、低電圧、ナノスケールのコールドキャストX線源技術を活用している。これは、特殊な冷却と回転機構を必要とする従来のホットフィラメント技術よりも小型で安価な製造方法であり、120年以上使用されてきたアナログのXR技術を置き換えることができると考えている。

RSNAで実演したように、Nanox.ARCは、さまざまなイメージング手順において、2Dと3Dの両方で高解像度の臨床品質の画像を生成することができる。その結果、よりシンプルで費用対効果の高い、設置面積の小さい装置になると考えている。

サプライチェーンについて

サプライチェーンと製造の立ち上げでは、韓国の半導体製造工場の拡張を含め、グローバルなサプライチェーンの構築が引き続き重要な進展を見せている。この工場は現在建設中で、世界最大の半導体センターである韓国のSK hynix半導体クラスターの隣に建設される。

このプロジェクト全体のコストは4,500万ドルと見積もられており、工場は来年半ばに稼働する予定。一方、当社は現在、MEMs製造のための韓国の臨時製造施設で操業しており、今年の下半期には、当社のエンドツーエンドのチップ製造プロセスへの貢献を開始する計画だ。日本から韓国の子会社への技術移転は計画通りに進んでいる。

マルチソースNanox.ARCの開発状況について

最近では、COVID-19の流行により、第2世代の高出力セラミック管の最初の製造業者との間で遅れが生じている。現在、マルチソース・システムのための2つの代替チューブ・サプライヤーと協力している。その結果、以前に発表したマイルストーンである1,000台のマルチソースナノックスの出荷を2022年のQ1までに達成することはできないが、2022年中に1,000台のナノックスの出荷というマイルストーンを達成するために、今年は前進できると考えている。

ナノエックスは、2021年中にマルチソースNanox.ARCとNanox.CLOUDでFDAに510(k)を提出することを引き続き想定している。また、2024年末までに約15,000台のNanox.ARCの初期導入を予定している。

マーケティング活動についての最新状況

弊社は、MSaaS(Medical Screening as a Service)と呼ばれる、スキャンごとに料金を支払うユニークなビジネスモデルを持っている。これは、当社にとって重要な差別化要因。これは、従来のX線技術に伴う多額の先行投資を回避し、あらゆる規模の医療施設がより手頃な価格で機械を利用できるようにするものだ。このモデルは、当社が商業契約を早く締結できる成功のキーであると考えている。

現在、13カ国の9社のサービスプロバイダーと5,150台のNanox-ARCを導入する契約を結んでいる。さらに、米国、韓国、ベトナムでは、USARADやSKテレコムと協力して、さらに5,500台のユニットを配備することになっている。また、RSNAでのライブデモの後、多くの国のサービスプロバイダーからの関心が高まっており、その結果、追加のパイプラインが増えている。

Nanox.ARCは、当社の潜在的な価値提案の一つの要素に過ぎない。私たちは、医療画像は、予防医療のために、医療データとその分析への優れたアクセス性を備えた、普遍的に接続されたグローバルなクラウドサービスに移行すべきだと考えている。私たちのビジョンは、画像レポジトリ、放射線技師のマッチング、オンラインおよびオフラインの診断レビュー、医療画像AIシステムや請求書・報告書への表記接続などのリモートサービスを含む、世界的なエンドツーエンドの医療画像ソリューションを提供すること。商業化に向けて前進する中で、潜在的なパートナーシップや買収を通じて当社の能力を拡大する機会を継続的に模索している。

主な質疑応答

アナリスト「15,000台の納入目標の自信度について、懸念やリスクは無いか?」

CEO「良いニュースとしては、圧倒的な需要があるということ。すでに報告したように、13カ国以上で5,150台が確約されている。また、お客様がご覧になったプロトタイプに基づいて、USARADおよびSK Telecomと5,500台の追加コラボレーション契約を結んでいる。また、RSNAショーに続く非常に健全なパイプラインがある。なので、需要面では、第一弾の目標である15,000台を達成できない理由はないと思う。

サプライチェーンの面では、2つの分野に重点を置くことになると思う。1つは、製造のスケールアップを完了させ、お客様に製品をお届けすること。これは有効性の面でリスクがほとんどないと考えている。というのも、試作品があり、製造や組み立ての面でも軌道に乗ってきたところであり、イスラエルの施設でも目標の台数を達成できない理由はないと考えているからだ。

また、以前お伝えしたように、Foxconn社との提携による台湾での施設も、世界がもう少しオープンになった時点で開設する予定だ。遅れている理由のひとつは、COVID-19が一部の国、特にアジアではうまくいっていると感じているが、他の国ではもっと難しく、特に韓国では多くの規制がかかっている。特に韓国では多くの規制がかけられている。これは注意しなければならないことで、多少遅れることはあっても、根本的に遅れることはないと思う。したがって、供給面では、長期的なリスクはないと考えている。」

アナリスト「2022年に少なくとも1,000台の出荷を見込んでいるが、FDAの認可とCEマークの取得はいつ頃になると想定しているか?」

CEO
「FDAだけでなく、当社が契約しているすべての国でクリアランスを取得する必要がある。そのための最初のステップが、今年初めに取得したNanox.Cartの認証だった。次のマイルストーンは、マルチソースシステム、つまり商用システムを提出することであり、今年中にはFDAに提出できると考えている。並行して、あるいは直後に、他の国でも申請する予定。これは当然、契約を結んだすべての国でビジネスを開始し、運営することが前提となる。2022年に大量展開する際には、すでに複数の国で認証を取得しているはずだと考えている。」

総括、まとめ

課題はマルチソースの承認申請が遅れていること、今年中に申請ができるとコメントしていますが、、実際の承認がいつ頃になるのか?さらに各国の規制に対しても承認が必要となるため、商業化に向けた日程は正直不透明さが残りました。

間違いなく画期的なゲームチェンジできるプロダクトを開発しているだけに、この銘柄は長期戦となりそうです。売上が立つのが早くても2022年以降、マルチソースの申請は今年中なので、次に大きな進展は今年中には難しいのかもしれません。

株価も昨今の地合いでは、直近で収益性の向上が期待できる銘柄に資金が流れている状況で、将来のストーリー/期待値で株価が急騰していた銘柄が中心に下落しています。長期保有を前提にホールドし続けるか、ただ短期的な機会損失のリスクを考えると、投資のタイミングが悩ましいと感じてしまいます。

ジュニアNISAなど、10年後を見据えた超長期枠には向いているのかも?

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました