【21/4月期】 クラウドストライク($CRWD)決算発表。CEOコメント、質疑応答まとめ

企業分析

CrowdStrike($CRWD)の決算内容

決算サマリー

EPS:$0.1(予想:$0.06)
売上高:$302.8M(予想:$291.4B)
Q2ガイダンス:売上高 $63〜67B(予想:$62.45B)

売上推移

売上成長率(対前年同期比、対前期比)

粗利率推移

セグメント別売上比較

最新バランスシート

TAM

2025年に11兆円規模の市場規模をターゲットにできると説明しています。

顧客数の伸びしろ

他のクラウド企業と比べると、クラウドストライクの顧客数は1万社ほど。まだまだ顧客数を拡大する伸びしろが大きいと説明しています。

契約維持率NRR

125%前後と非常に高いNRRを維持しています。

最新の19のモジュール

IPO時は、10のモジュールのみでしたが、最新ではソリューションを拡張し、19まで増加させています。

George Kurtz CEOコメント

当社は優れたQ1を提供し、2022年度はCrowdStrikeにとって記録的なスタートとなった。昨年のすばらしい業績を受けて、Q1は好調なスタートを切り、期待以上の結果を残すことができた。

事業の複数の分野で力強さを発揮し、1.438億ドルの純新規ARRを追加し、最終ARR(年間経常売上:Annual Recurring Revenue)は74%増の11.9億ドルを超えた。

<事業の三つのポイント>

1つ目は、お客様が信頼できるセキュリティクラウドプラットフォームとしてCrowdStrikeを利用するケースが増えている。このプラットフォームをコアプロテクション以外にも拡張していく中で、クラウドワークロード、ITオペレーションなどへの展開に強い勢いを感じている。当社のプラットフォームには19のモジュール(上記参照)があり、お客様は簡単にエージェントを統合してコストを削減することができる。

2つ目に、当社のリーダーシップは、お客様だけでなく、Gartner社やForrester社などの業界アナリストにも認められている。当社の成長ブランドは、サイバーセキュリティのゴールドスタンダードとなり、急速に拡大している広範な顧客基盤、そして強力な財務的成功につながっている。

3つ目は、デジタルおよびセキュリティの変革、クラウドの導入、継続的な脅威の高まりなど世の中のトレンドに後押しされて需要環境が堅調であること。これには、過去2年間に見られたランサムウェアの大量流入や、これらの攻撃による業務への影響などが含まれる。

これらのダイナミクスが、CrowdStrikeに長期的な持続的成長のための走路を提供すると信じている。では、これらのトピックについて、より詳しく説明しよう。

脅威の状況が激しく、日々激化していることは、現在のヘッドラインを見ればすぐにわかる。SUNBURSTのような有名な情報漏えいや脆弱性、パイプラインやインフラへの攻撃、Microsoft Exchangeの脆弱性などは、その一例だ。

脅威の主体は、さらに巧妙になってきている。同時に、ランサムウェア・アズ・ア・サービス(Ransomware-as-a-Service)のサイトでは、初心者でも成功して儲かるキャンペーンを簡単に実行できるようになっており、これがランサムウェアの活動の拡大につながっている。2020年に実施したCrowdStrike Global Security Attitude Surveyでは、全世界の調査対象組織の半数以上が、過去12ヶ月以内にランサムウェアの攻撃を受けたことがあると回答している。同時に、企業は、どこでも仕事ができる、重要なアプリケーションやワークロードをクラウドに移行するなど、進化するビジネスニーズに対応するために、ビジネスを変革する必要がある。

これらの要因はいずれも、企業の脅威の状況を飛躍的に拡大させ、侵害のリスクを高めるもの。今日の脅威環境は、世界中の企業が、デジタル資産、アイデンティティ、コアインフラを保護するために、セキュリティを変革し、ゼロトラストアーキテクチャを採用する必要性を浮き彫りにしている。

最近の攻撃から得られた教訓は、従来の技術や、十分と思われていた次世代技術が、今日の敵に対抗できないことを強調しており、これらのベンダーの間で信頼の危機が生じているが、CrowdStrikeは信頼できるリーダーとして登場した。CrowdStrikeの「侵入を阻止する」というミッションは、かつてないほど重要な意味を持っている。

ファルコンプラットフォームは、世界中の企業のセキュリティ態勢に信頼を回復させる手段となっている。Falconプラットフォームの広範な機能は、CrowdStrikeをレガシーベンダーや次世代ベンダーから大きく引き離している。これには、PreemptとHumioの買収も含まれている。

当期には、自動車製造業のグローバルリーダー、フォーチュン500のハイテク素材・機器メーカー、IT管理ソフトウェアのプロバイダー、地方自治体など、複数のファルコン・ゼロトラスト案件を獲得した。さらに、ログ管理に関しては、企業は、セキュリティ、信頼性、スケーラビリティ、スピード、リアルタイムクエリなどの特性を備えたテクノロジーを、コスト効率の高い方法で求めている。3月にHumio社を買収したばかりにもかかわらず、お客様の関心は非常に高く、Q1には、金融サービス、テクノロジー、法執行機関など、複数の業界ですでに新たな案件を獲得した。

当社の製品全体でイノベーションを推進し、お客様にとってより良い結果を迅速にもたらす新機能を市場に投入することは、今後も最優先事項だ。5月には、ファルコンフュージョンを発表した。ファルコンフュージョンは、統合された拡張可能なクラウドスケールフレームワークであり、使いやすいカスタムオートメーションを提供することで、企業のセキュリティワークフローを簡素化し、セキュリティチームがより少ないリソースで、より正確かつ迅速に現実の問題を解決できるようにする。また先日、FalconプラットフォームとGoogle Cloudのセキュリティ製品群との一連の製品統合を通じて、Google Cloudとのパートナーシップを拡大することを発表した。これらの統合により、セキュリティチームやデブオペチームは、クラウドやハイブリッドのデプロイメントにおける脅威分子の可視性を高め、より迅速に対処できるようになる。

EYとの連携強化について。私たちは信頼できる業界のリーダーであるEYとの提携を強化した。ファルコンは現在、EYが推奨するサイバーセキュリティ・プラットフォームの一つとなっている。今回の提携強化では、新たな地域への進出や、3つの新しい共同提案も行う。これらの新しいオファーでは、EYのコンサルタントを活用してCrowdStrikeのサブスクリプションの売上を促進することを期待している。

さらに、Zscaler社とのパートナーシップは、両社の技術と商業関係に投資することで進化し続けている。当期には、Zscaler社との間で複数の新しい技術統合を発表したが、Zscaler社がCrowdStrikeの顧客になったことも報告したいと思う。

さらに、当期の重要な受注のひとつは、Zscalerとの技術提携によってもたらされたもの。フォーチュン100社に選ばれたこの保険会社は、デジタルトランスフォーメーションの推進とセキュリティの強化のためにCrowdStrikeを選択し、4つのレガシーベンダーと次世代ベンダーのパッチワークを置き換えた。ファルコンは、複数のエージェントを統合し、パフォーマンスを向上させ、クラウド環境のエンドポイントを単一のエージェントで保護できる点が評価され、これらの既存ベンダーを置き換えるために、マイクロソフトを抑えて選ばれた。最も重要なのはお客様の声であり、お客様は信頼できるセキュリティプラットフォームとしてCrowdStrikeにますます注目し、我々のリーダーシップを検証している。

加入顧客数は10,000社を超え、新たな節目を迎えた。当期の新規加入者数は、Humio社から獲得したお客様を含めて1,524社となった。市場全体の成長は非常に多様で、あらゆる規模や業種のお客様を獲得している。Q1は、公共部門の需要が高く、米国連邦政府の民間および防衛関連の案件を複数獲得したほか、最大規模のヘルスケア機関との取引を拡大した。ホワイトハウスのサイバーセキュリティに関する大統領令に示されているように、国家のサイバー防御を強化することに新たな焦点が当てられている。

信頼のおけるセキュリティプラットフォームとしての当社のリーダーシップと堅調な財務実績は、CrowdStrikeのイノベーション、顧客保護、セキュリティ業界の変革への献身の証しだ。私は、CrowdStrikeのすべての従業員に感謝したい。

主な質疑応答

アナリスト
「パブリッククラウドにおけるFalconの競争力について、どのような意見があるのか教えてほしい。」

CEO
「お客様は1つのクラウド・プロバイダーだけでなく、複数のクラウドにまたがる総合的なソリューションを求めている。企業内だけでなく、クラウド環境でも可視化と保護ができる単一のエージェントを求めている。また、使用意欲という点では、非常に競争力のある製品だと考えている。一般的には、クラウドの分野では新規参入のチャンスがある。競合他社や既存の技術を駆逐しなければならないようなことはなく、私たちは、この分野での勢いを持っている。」

アナリスト
「公共部門での成功例について、詳しく教えてほしい。」

CEO
「ホワイトハウスから出されたいくつかの命令を見ると、それはまるで、我々の戦略と一致し、我々の活動と一致しているかのようだ。確かに、連邦政府は当社の技術から恩恵を受けることができるし、これまでも恩恵を受けてきた。

私たちは最初に民間機関への進出を果たしたが、それによってより広範な情報機関への進出の足がかりを得ることができた。そして、成功への準備が整ったと思っている。連邦政府の領域では、いくつかの素晴らしい成功例や大きな成功例があった。これは今後も継続していくと思いう。連邦政府といっても、それは政府の一部分に過ぎない。

もちろん、州や地方でも大きな成功を収めているし、米国の多くの州がCrowdStrikeを採用し、多くの地方自治体やコミュニティも採用している。ランサムウェアやその他の攻撃に見られるように、一般的には保護が不十分で、CrowdStrikeのような技術が必要とされている。

そして、それを実行するための人材もいないのが普通なので、プラットフォームの観点から、連邦政府、州政府、地方自治体とのビジネスには非常に満足している。」

最新の株価

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

follow us in feedly

Twitterもフォローいただければ嬉しいです。

↓ポチッと応援よろしくお願いいたします↓
(米国株ブログランキングへ飛びます)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました